スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が愛したリボルバー/ジャネット・イヴァノヴィッチ

私が愛したリボルバー (扶桑社ミステリー)私が愛したリボルバー (扶桑社ミステリー)
(1996/04)
ジャネット イヴァノヴィッチ

商品詳細を見る

【あらすじ】
ステファニー・プラムは30歳でバツイチ、ただ今独身。下着専門店のバイヤーとして働いていたが、会社が身売りに出されたため、やむなく失業の身に。背に腹はかえられないとばかりに飛びついた仕事はなんとバウンティ・ハンター(賞金嫁せぎ)。保釈中の身でありながら裁判にも出頭せずに失踪した逃亡者を捕まえて警察に引き渡すというものだ。生まれて初めて手にしたスミス&ウェッソンを携えて、彼女は颯爽と犯罪者たちに対峙していく。CWA(英国推理作家協会)賞最優秀処女長篇賞に輝いた傑作クライム・ノベル。     (裏表紙より)
【一行目】
 一人の女の人生にはいりこんできて、絶えずそれをねじまげてしまうたぐいの男がいる。あたしにとっては、ジョーゼフ・モレルがそれだった----絶えずというわけではないが、断続的に介入してきていた。
【感想】
ひょんなことから「バウンティ・ハンター」になったあたしのドタバタ喜劇サスペンスです。このシリーズ、5作目くらいまでは読んでいるのですが、今だにステファニー・プラムの実像をイメージできないでいるんです。
「あたし」という言い方がぴったりな感じはするのですが、本当はとても明晰で、真面目な人だから。外見はワイルド系ですけどねぇ。
いとこのヴィニーは「保釈保証会社」を経営しています。日本にはない制度ですもんね(笑)。犯罪者は裁判が始まるまで、仮釈放するために保証金を払うのですが、お金がない人はヴィニーの会社から保釈金を借ります。本人がちゃんと裁判所に出頭すれば、その保釈金はまるまる戻ってくるのですが、裁判所へ出頭しなければ保釈金は戻ってきません。そこでヴィニーはバウンティ・ハンターを使って逃亡者を捕まえさせ警察に引き渡し、保釈金を回収するという。すごい制度!あはは
ど素人のステファニーは悪戦苦闘しながらバウンティ・ハンターの仕事をします。だって怖いよね!相手は犯罪者ですよ!!
でも「あたし」には素質があったのかもです^^ 初仕事である1万ドルの仕事は、なんと、処女を捧げたジョーゼフ・モレリ。突拍子も無い捜索方法でなんとか見つけたものの・・・。
とっても面白おかしく書かれていて楽しい作品です。ステファニーの祖母・メイザおばあちゃんが強烈なキャラでして最高なんです。
このステファニー・プラムシリーズ、番外篇を含めて13冊出版されています。女性向きではありますが、笑いたい方におすすめです。
【★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】ブランド時計が全品衝撃価格!【ブルーク】
【PR】大人が夢中になれるホビーグッズがテンコ盛り!ホビーショップ タムタム
【PR】WWCITY “新感覚ショッピングシティ”
【PR】楽譜・音楽書籍・音楽雑誌はシンコーミュージック・エンタテイメント


スポンサーサイト
最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。