スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使のナイフ/薬丸岳

天使のナイフ (講談社文庫)天使のナイフ (講談社文庫)
(2008/08/12)
薬丸 岳

商品詳細を見る

【あらすじ】
生後五ヵ月の娘の目の前で妻は殺された。だが、犯行に及んだ三人は、十三歳の少年だったため、罪に問われることはなかった。四年後、犯人の一人が殺され、檜山貴志は疑惑の人となる。「殺してやりたかった。でも俺は殺していない」。裁かれなかった真実と必死に向き合う男を描いた、第51回江戸川乱歩賞受賞作。     (裏表紙より)
【一行目】
 愛美が泣いている。
 朝食の準備をしていた桧山貴志は、慌てて寝室を覗き込んだ。床一面に愛美の服が散乱している。衣装ダンスの一番下の引き出しを引っかきまわしている愛美を見て、桧山はあっと思った。
【感想】
ストーリー的には完成度も高く、乱歩賞を受賞するだけあるなぁ~って思います。
本書は「少年犯罪」をテーマにし、重厚な仕上がりとなっています。最後のどんでん返しもパンチがきいていますしね。
ん・・・少年犯罪だからかなぁ~、全体に重い空気が張り詰めていますね。中にはやり切れなくなる話もあるし。
主人公は妻を少年たちに殺された夫ですが、真相を暴いていくのはやり切れないだろうなぁーと思います。少年法があるから・・・とこんなに安易に殺人を起こす青少年がいないことを節に望みますね。
これからの作品もすごく楽しみな作家です。
【★★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】食事の時間が愉しくなる!ドイツデザインのテーブルウェア・カーラ
【PR】大人の女性のおしゃれ生活 ベルーナ
【PR】沖縄の限定お菓子を食べ尽くす>>>沖縄「琉球市場」
【PR】記憶力、集中力、成功力。音のうねりで脳と潜在能力を最大限に開発!

スポンサーサイト

幻夜/東野圭吾

幻夜 (集英社文庫 (ひ15-7))幻夜 (集英社文庫 (ひ15-7))
(2007/03)
東野 圭吾

商品詳細を見る

【あらすじ】
1995年、西宮。父の通夜の翌朝起きた未曾有の大地震。狂騒の中、男と女は出会った。美しく冷徹なヒロインと、彼女の意のままに動く男。女の過去に疑念を持つ刑事。あの『白夜行』の衝撃が蘇る!     (裏表紙より)
【一行目】
 薄暗い工場の中に工作機械の黒い影が並んでいる。その様子は雅也に夜の墓場を想起させた。もっとも、親父が入れる墓はこれほど立派なものじゃないがとも思った。黒い影たちは主を失った忠実な召使いのようにも見えた。彼等はたしかに雅也と同じ思いで、しめやかにこの夜を迎えているのかもしれなかった。
【感想】
「白夜行」を読んでないと面白さがわかりませんね。確かにストーリー的には面白いんだけど・・・、もう少し、彼女の過去のこととか書いてあげてもよかったんじゃないかな?って思います。あ、『白夜行』を買わせるためか?!あはは(←すんません。アンチ東野派なもんで。)
いやぁーーわかるよ。消した過去のこととかも。だけど、そのためにいい人たちを巻き添えにするのはねーー。確かに悪女を描きたかったのかもしれないけど、救いがなくてどんよりだなぁ。
ん・・・やっぱり最終章があるんだろうね、きっと。じゃなきゃー、正直者はバカを見るっていう感じで、いい夢みたのは彼女でしたぁ!で終わっちゃうじゃん。悪いことをした人にはやっぱり因果応報でしょう。じゃないと一般ピーポーはやってられません!
それに、彼女とスカーレット・オハラを一緒にしてほしくない。スカーレットはタラを守るためという目的はあったけど、ちゃんと最初からレッドのことを愛してたもん。
と、まぁ・・・私はこの作品好きではありません。次の続きに期待します。絶対、描いてよねぇ~東野さん!
あ、ラストも・・・ドラマの方がよかったなぁ・・・(ポソ)
【★★☆】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】北海道の逸品厳選素材アイスクリーム【北の逸品 アイスクリーム工房】
【PR】こだわりある物を世界中から集めました {ZUTTO}
【PR】賃貸情報アパマンショップ◆全国どこでも「住みたい!」が必ず見つかります
【PR】遂に登場!アスタリフトのコラーゲン♪お試しサンプルはこちら

虹を操る少年/東野圭吾

虹を操る少年 (講談社文庫)虹を操る少年 (講談社文庫)
(1997/07/14)
東野 圭吾

商品詳細を見る

【あらすじ】
「光にメロディがあるの?」「あるさ。みんな、そのことに気づいていないだけさ」。“光”を“演奏”することでメッセージを発信する天才高校生・光瑠(みつる)。彼の「光楽」に、感応し集う若者たち。しかし、その力の大きさを知った大人たちの魔の手が忍び寄る。新次元コミュニケーションをめぐる傑作長編ミステリ。     (裏表紙より)
【一行目】
 爆音が闇夜にこだました。数十個のヘッドライトが、先頭を頂点とする細長い二等辺三角形を形成したまま、幹線道路を東へ移動していた。四輪車はなく、すべてがバイクで、二人乗りをしている者もいなかった。全員が自分の力だけで走り、戦うというのが、このグループの主義だった。
【感想】
特殊能力をミステリに導入するのは難しいと思う。あまりにその能力に頼り過ぎて謎解きをすれば、ありえねぇ~~!ってなっちゃうもんね。
そこを上手く使うのは宮部氏だと思うけど。本作品も特殊能力が使われています。過度にではないし、その能力を持っている少年が悪用しないところもいいですね。
本書を読んでいると・・・大人って汚いなぁ・・・と思っちゃいますね><
ミステリ色は?となると、ちょっとう~~んだけど、なんか爽やかに終わることができます。
【★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】アトピーの事だったら、あとぴナビ!!
【PR】世界のグルメ・海の幸をお取り寄せ【ワールドシー】
【PR】犬用ケーキ・無添加手作りおやつ専門店★パティシエール・セリ
【PR】ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

贋作師/篠田節子

贋作師 (講談社文庫)贋作師 (講談社文庫)
(1996/01)
篠田 節子

商品詳細を見る

【あらすじ】
生き過ぎた----この言葉を残して日本洋画界の大御所は自殺した。遺作の修復を依頼された成美は、彼の弟子となるため彼女のもとを去った美大時代の恋人の死に疑問を抱くようになる。危険をかえりみず、真相を究明する成美。彼女の心の中にあるものは、美術界のタブーへの挑戦なのか、昔の恋人への愛なのか!?     (裏表紙より)
【一行目】
 赤茶けた髪をした男が、痩せた肩をほとんど揺らすこともなくキャンパスに向かっていた。
【感想】
自殺した日本洋画界の重鎮の絵を修復することになったヒロイン。そこには女と男の愛憎劇が渦巻かれ、その真相を探るヒロイン。
篠田氏独特のちょっと硬めな筆致で淡々とかかれてはいるものの、読者に与えるドキドキ感はやっぱりさすがですね。
謎解きへの過程も面白いし、アート界ってヘンな人が多い(と思ってる。笑)けど、キャラの強い人たちがでてきて、面白く読むことができました。
【★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】【OZmall】憧れレストランの特別席で「8800円のプレミアムディナー」
【PR】引越しを格安に!!比較.com 引越し一括見積もり
【PR】比べてください!『コシとモチモチ感』さぬきうどんの亀城庵
【PR】国内最大級物件情報!賃貸情報サイトHOME'S賃貸

流さるる石のごとく/渡辺容子

流さるる石のごとく (講談社文庫)流さるる石のごとく (講談社文庫)
(2003/01)
渡辺 容子

商品詳細を見る

【あらすじ】
大富豪のひとり娘でエリート医師の妻・速水圓(はやみまどか)。何不自由ない生活を送る一方で、重度のアルコール依存症に沈んでいた彼女を、突如襲った夫の誘拐事件。犯人の指示に従い、二億円のダイヤモンド・コレクションを手に新幹線に飛び乗った圓を、想像を絶する事態が待ち受ける。魂を震わせる、感動の長編サスペンス!     (裏表紙より)
【一行目】
 物書きになってしみじみ面白いと思うのは、様々な人から「告白」を聞かされることである。自分の経験をぜひ小説に描いてほしいと懇願されるのも、珍しいことではない。そうした声に耳を傾けることは、誰しもの胸に秘められている自分を語りたいという欲求を認識させられる作業であるといってよい。浮気の遍歴を披瀝してくれた男性や、モデルにしてほしいといってきた女探偵がこれまでもいたが、稀に、苦痛に目をつぶって聞いてみると、それなりに一編の作品たるものもあった。
【感想】
最初はお金持ちのお嬢様の気まぐれ話?くらいにしか思わなかったし、お金持ちでも不幸で、アル中になるのねーくらいで、主人公とは別世界の住人だし、なんか面白くなさそう・・・とも思っていました。
真剣にアル中から立ち直ろうという気配もなかったしねぇ(笑)。自暴自棄というか刹那的な考えたをするヒロインだったし。
でも、夫が誘拐されて、お酒に頼りながらもがんばる姿にだんだん共鳴し、エピローグではちょっと感動しました。
渡辺氏は読ませる作家ですねぇ。初期の頃は素晴らしい作品を次々に出されていたのに・・・今はちょっと遅筆気味?(笑)
真相も意外で、びっくりさせてくれます!
【★★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】ヒップホップアブス【30日間返品保証】
【PR】旅行用品からおみやげまで何でも揃う!旅行に行く前にギフトランド
【PR】世界最大規模のCD・DVDオンラインストア【CDWOW】
【PR】お誕生日プレゼントに「パジャマ」っていいかも!

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。