スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ST 警視庁科学特捜班/今野敏

ST警視庁科学特捜班 (講談社文庫)ST警視庁科学特捜班 (講談社文庫)
(2001/06/15)
今野 敏

商品詳細を見る

【あらすじ】
多様化する現代犯罪に対応するため新設された警視庁科学特捜班、略称ST。繰り返される猟奇事件、捜査陣は典型的な淫楽殺人と断定したが、STの青山は一人これに異を唱える。プロファイリングで浮かび上がった犯人像の矛盾、追い詰められた犯罪者の取った行動とは。痛快無比エンタテインメントの真骨頂!     (裏表紙より)
【一行目】
 騒ぎが起きたのは、九月十八日木曜日未明のことだった。マンションの一室に、何人かの男たちが慌ただしく出入りし、言葉を交わしていた。中国語だった。
【感想】
今野氏が描く警察小説はいろいろな種類があります。有名なのはドラマ化にもなった安積班かな? そちらはすごくリアリティがある警察小説。
本書も警察小説ではあるけど、警視庁科学特捜班=STのメンバーひとりひとりが特殊な能力を持っているという面白い設定です。
集められたメンバーはその特殊な能力のためにはみ出し者ばっかりで、キャラも濃い~~のです。そこが私は大好きなんですけどね。
法医学担当医師の赤城左門。周りの人間が心を開かせてしまうという不思議なカリスマ力を持っているが女性恐怖症。化学事故やガス事故のスペシャリストで嗅覚が発達している黒崎勇治。凄絶な美貌の持ち主で、文章鑑定からプロファイリングをするが、秩序恐怖症の青山翔。物理担当で聴覚が異常に発達し、絶対音感の持ち主だけど、閉所恐怖症の紅一点・結城翠。薬物のエキスパートで曹洞宗の僧侶でもある山吹才蔵。
ね?なんだかワクワクするメンバーでしょ? 多様化する現代のさまざまな事件をこの5人が科学的調査をして犯人を追います。
本書はシリーズ1作目ということもあり、5人の紹介が結構ありますね。女性ばかりを狙う猟奇的な連続殺人事件が発生し、死体をお寺や神社に遺棄するという事件を、5人がそれぞれの能力を使い解決します。
特殊な能力ばかりだから、事件も奇想天外じゃないとねぇ~。あは このシリーズも楽しみです。
【★★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】お一人でもOK!生協のラクラク宅配
【PR】バラエティー豊かな『ナチュラルチーズ』は【ナチュラルチーズ専門店】へ!
【PR】【RatesToGo】世界各地のホテルをお得に直前予約
【PR】パソコンデスクをお求めならPCデスクメーカー直販店「パソコンデスク屋」

スポンサーサイト

嗤う闇/乃南アサ

嗤う闇―女刑事音道貴子 (新潮文庫)嗤う闇―女刑事音道貴子 (新潮文庫)
(2006/10)
乃南 アサ

商品詳細を見る

【あらすじ】
レイプ未遂事件発生。被害者女性は通報者の男が犯人だと主張。被疑者は羽場昴一。レイプ事件の捜査に動いていた音道貴子に無線が飛び込んだ。貴子の恋人、昴一が連続レイプ犯? 被害者は大手新聞社の女性記者。無実の通報者に罪を着せる彼女の目的とは? 都市生活者の心の闇を暴く表題作など、隅田川東署へと異動となった貴子の活躍を描くシリーズ第三弾。傑作短篇四編収録。     (裏表紙より)
【一行目】
蛍光灯の青白い光が照らし出す、無機的で硬質な警察署の廊下に、その声は異様なほど大きく響き渡った。
【感想】
われらが音道貴子が巡査部長に昇進し、隅田川東署へ転勤となり、この4つの事件に遭遇しました。
今までと違い、ずいぶん肩の力が抜けたなぁ~って思ったのは率直な感想。
このシリーズの好きなところは、事件のことばかりではなく、男社会でがんばる女刑事の思いとかプライヴェートのこととかも織り込まれていて、身近に感じられるところかなぁ~。
舞台が下町ということもあり、その下町の描写などなんとなく目に浮かび、庶民の生活がうまく描かれているように思う。
おまけに滝沢刑事が登場!最初は貴子を刑事として認めずの頑固オヤジだったのに、今では貴子を認め、本書では自分のプライヴェートで悩み、貴子に相談するまでに。
またいいコンビとなっています。
乃南アサにサスペンスを描かせると右にでる者はいないと思います。女性心理の描写が巧みで、それでいて身近な人を描いているから、余計に読者、とくに女性読者を魅了するのだと思います。
中でも特に私はこの音道貴子シリーズがだ~い好き!もう6冊くらいあるのかな?次も早く読みたいなぁ!
【★★★☆】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】小学館グループがお届けするコミック・イラスト・小説投稿サイト「DreamTribe(ドリームトライブ)」
【PR】博多名物「屋台の食べ歩き」に最適なツアー>>>九州ツアーランド
【PR】四季の旬菓と和心スイーツ専門店【玉華堂】
【PR】生活雑貨、日用品を幅広く品揃え。5千円以上送料無料◆リビングート

それでも、警官は微笑う/日明恩

それでも、警官は微笑う (講談社文庫)それでも、警官は微笑う (講談社文庫)
(2006/07/12)
日明 恩

商品詳細を見る

【あらすじ】
無口で無骨な巡査部長・武本と、話し出すと止まらない、年下の上司・潮崎警部補。二人は、特殊な密造拳銃の出所の捜査にあたる。たどり着いたのは5年前のある事件だった。覚醒剤乱用防止推進員の拳銃自殺。その背後に潜む巨悪とは? 軽快な筆致で描かれた、新世代の警察小説。第25回メフィスト賞受賞作。     (裏表紙より)
【一行目】
武本正純はため息をついた。そして盛夏だというのにカウンターの上に置かれている、おでんの保湿器の隣に手をつき、背を向けて自分を待つ男に一歩、近づいた。
【感想】
メフィスト賞受賞作品ということで、すごく期待してたんです! 昨今のメフィスト賞とかって、著者が若いからか・・・ちょっと自分には合わないかなぁ~なんて思っていたからなんです。
タイトルからして、なんだかワクワクしちゃうし。だから、びっくりしたの。勝手にユーモアあふれっぽい警察小説なのかなぁ?って思っていたから。
設定としてはよくあるパターンともいえます。一匹狼っぽく正義感あふれる中年刑事(もちろんノンキャリ)と配属されてきた年下の上司。名家出身でおしゃべり(笑)。
この2人がコンビを組み、事件を解決していきます。
だんだんお互いに影響を受け、成長していく過程も楽しく読めました。
私はここでは外国人だしなぁ・・・なんかね、わかる部分があるんだよねぇ><
時には切なく、楽しく読めた作品でした。これからがとっても楽しみな作家さんが登場しましたねぇ。
【★★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】聞いて、聞いて、楽しむ。これが私の【英語・ドイツ語同時マスター法】
【PR】美味しいダージリン紅茶をお届けします!☆世界の紅茶
【PR】毎日頑張っている自分へのご褒美に◆ワインショップ・イーエックス
【PR】古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】

未練/乃南アサ

未練―女刑事音道貴子 (新潮文庫)未練―女刑事音道貴子 (新潮文庫)
(2005/01)
乃南 アサ

商品詳細を見る

【あらすじ】
ふと入ったカレー屋で音道は、男が店主に「こいつは俺の女房を殺した」と怒鳴る場面に遭遇する・・・・男同士の絆が無惨に引き裂かれてゆく様子を描いた表題作。公園の砂場で保育園児が殺害され、その容疑者の素性に慄然とする音道・・・・「聖夜」。監禁・猟奇殺人・幼児虐待など、人々の底知れぬ憎悪が音道を苛立たせる。はたして彼女は立ち直れるのか? 好評の音道シリーズ短編集第二弾!    (裏表紙より)
【感想】 
今まで女刑事・音道貴子を主人公にした作品は3本あります。1作目が「凍える牙」。これにはホレボレしました。男社会の中でがんばる音道。ベテラン刑事と組まされて、肩に力が入ってはいたものの、ラストはめちゃかっこよかったんです。それから音道シリーズがでたら出来るだけ早く手に入れるようにしています。2作目は本書と同じく短編集「花散る頃の殺人」。3作目は音道、大ピンチ!になった「鎖」。そして本書。
前作「鎖」では人質になってしまい肉体的にも精神的にも大変なことになった音道。その事件の後の音道が心のリハビリをしている作品「山背吹く」では、音道も(警官も)人間なんだなぁ~ってことを再認識しました。恐ろしいことを経験したら心に傷が残り、それでも正義感が人一倍強い職業柄との板ばさみになっている音道を身近に感じたといいますか。
あと「聖夜まで」はとってもやるせない作品です。ちょいとウルウルきましたね~。
音道の長編は大好きなのですが、短編は短編の良さがあります。音道のプライベートな部分が細かくかかれていて、人間味があります。心理描写が巧みで、右に出るものはない!くらいな乃南氏ですしね。乃南氏の最近の作品は文章がもっと成熟したよなぁ~と感じるのは私だけでしょうか。
【★★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】サントリーのお酒通販サイト【E-liquor】限定商品やレアものウイスキーなど種類豊富
【PR】【あなたの安眠をサポート】快眠力アップの寝具販売<<マニフレックス>>
【PR】稚内の物産ショッピングモールわっしょい
【PR】PCあきんど、知ってる?

動機/横山秀夫

動機 (文春文庫)動機 (文春文庫)
(2002/11)
横山 秀夫

商品詳細を見る

【あらすじ】 
署内で一括保管される三十冊の警察手帳が紛失した。犯人は内部か、外部か。男たちの矜持がぶつかりあう表題作(第53回日本推理作家協会賞受賞作)ほか、女子高生殺しの前科を持つ男が、匿名の殺人依頼電話に苦悩する「逆転の夏」。公判中の居眠りで失脚する裁判官を描いた「密室の人」など珠玉の4編を収録。     (裏表紙より)
【感想】  
横山作品と言えば、男臭さプンプンな警察小説しか読んだことがありません。本書はお得意の「警察小説」の他に、「クライムノベル」「事件記者小説」「リーガルサスペンス」の短編を読むことができます。
読んでいる途中に、「男臭さプンプン」が鼻について、好きじゃないなぁ~って思うこともあるんだけど、そんなマッチョな男たちの外には出さない優しさがチラチラっと見えるのよ。これがたまらなくいいわけなのよ! もう、惚れちゃうね、そんな男がそばにいたら!!(笑)
私は別にフェミニストじゃないけど、どうしても社会には男尊女卑があって、事件記者小説を読んでいて、「バリバリ仕事をしようという女って損だよなぁ~」って思いました。確かに男には男にしかできないこと、女には女にしかできないことがあるのは分かっているけど、マッチョワールドの中でがんばっている女性をついつい応援したくなります。分かってくれている男性もいるんだろうけどね。
本来、短編ミステリはあまり好きじゃない私ですが、本書はまあまあかなぁ~。
【★★☆】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】チョン・ダヨンのダイエットDVD『フィギュアロビクス』
【PR】ホテルや高級レストランの味をご自宅で☆【グルメミートワールド】
【PR】初心者でも簡単作成!無料携帯ホームページ作成「ぷちランド」
【PR】輸入ブランド洋食器専門店 ル・ノーブル

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。