スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生ける屍の死/山口雅也

生ける屍の死 (創元推理文庫)生ける屍の死 (創元推理文庫)
(1996/02)
山口 雅也

商品詳細を見る

【あらすじ】
ニューイングランドの片田舎で死者が相次いで甦った! この怪現象の中、霊園経営者一族の上に殺人者の魔手が伸びる。死んだ筈の人間が生き還ってくる状況下で展開される殺人劇の必然性とは何なのか? 自らも死者となったことを隠しつつ事件を追うパンク探偵グリンは、肉体が崩壊するまでに真相を手に入れることができるか?著者会心の長編第一作、全面改稿による待望の文庫化。     (裏表紙より)
【一行目】
 「あなたが犯人ですね、アンヘラさん」
 ネヴィル警部は、いたるところに血が飛び散った部屋の中を見渡しながら、いかにも気がなさそうに言った。
【感想】
複雑! さすがミステリ評論家を学生時代からやっていただけあり、いろんな古典作品のオマージュも含まれているので、難しい作品でしょうねぇ。
でも、ゾンビ探偵は・・・世界広しと言えども、山口氏が初めてなのでは? キッド・ピストルズにも劣らない山口氏風パラレルワールド全開です。
こういう無理な設定を舞台にすると、ほころびなんかも出てきそうなものですが、きちんとルールが引かれ違和感もありません。
いろいろなミステリ要素が描かれ、絡み合うミスディレクション。難しいながらも楽しんで私は読みました。そして迎える切ないエンディング。ちょっとウルってきそうになっちゃった。
山口氏の長編デビュー作らしいのですが、じーっくり読んでほしい作品です。じゃないと本作品のすごさがわからないかも。うん、本当難しい作品です。あはは
【★★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】地デジ工事 格安キャンペーン◆インテレコム
【PR】本物のドイツハムの生ハム(ラックスシンケン)>>>土井ハム
【PR】≪送料無料≫オーガニックルイボスティーお試しセット:ノバテック
【PR】風邪に!花粉症に!ナサリン鼻腔洗浄【Entry Shop】

スポンサーサイト

紫のアリス/柴田よしき

紫のアリス (文春文庫)紫のアリス (文春文庫)
(2000/11)
柴田 よしき

商品詳細を見る

【あらすじ】
不倫を清算し会社を辞めた紗季は、夜の公園で男の死体と「不思議の国のアリス」のウサギを見る。果して幻覚か? 引越したマンションで、隣人の老婦人のお節介に悩む紗季に元不倫相手が自殺したという知らせが。一方「アリス」をモチーフにした奇妙なメッセージによって、15年前のある事件の記憶が蘇る。     (裏表紙より)
【一行目】
 気がつくと、桜の木があった。
【感想】
うはぁ・・・柴田氏、チャレンジャー!と感心した。冒頭から、不思議の国のアリスのウサギがでてくるんだよ! これをどう上手く違和感なくラストへと結びつけていくのかワクワク♪
最初からなんか怪しいんだよねぇ。引越した老人ばっかりのマンションとか、胡散臭い人物の登場とか。そして15年前の事件が少しずつ彼女の記憶として蘇ってくるのですが・・・。
確かに、無理がある部分もあるけど、ワクワク度の方が大きくてアっと間に読めました。
でも・・・・・ラストがちょっと釈然としないとんですよね~私。ぱし~んと決めて欲しかったなぁ。
【★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】モーリスメセゲの無農薬ハーブティー
【PR】☆石川遼選手も受講中☆「スピードラーニング英語」
【PR】上沼恵美子もうならせた!かにや海産物の厳選特産品専門店◆かに本舗
【PR】アイリスプラザインターネットショッピング

祝福の園の殺人/篠田真由美

祝福の園の殺人 (講談社文庫)祝福の園の殺人 (講談社文庫)
(1999/08)
篠田 真由美

商品詳細を見る

【あらすじ】
17世紀イタリア。侯爵モンタルト家別邸の、亡き女主人が丹精込めて造った庭園で男の死体が発見される。つづいて次々と起こる侯爵家に伝わる者たちの不可解な死。渦巻く血の輪舞。“呪われた庭”に隠された真実のメッセージとは何だったのか? 建築探偵シリーズで大人気の著者が贈る長編幻想ミステリ。     (裏表紙より)
【一行目】
 夢は繰り返し男の眠りを訪れる。それはいつも同じ夢、細部は変わっていても結果はけっしてくつがえせない過去の夢だ。
【感想】
うぅ・・・・なんか・・・読みづらかった。設定とかは大好きなんだけどね。それに・・・これはもしや~~前作「琥珀の城の殺人」の探偵役・フランチェスコ・プレラッツィがでるのでは?!と期待してワクワクしたのに・・・。ちがった(笑)
本書での探偵は少女。とっても美しい中世イタリア絵巻です。それはすごいなぁ!って感嘆して読んだのですが、イマイチ、私のイマジネーションを刺激しなくて(ん?鈍いのか?)、妄想の世界へ入ることができなかったんですねぇ。
近いうちにもう1度、読んでみようかなぁ~と思っています。違う見方ができるかな?っていう期待をこめて。
【★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】肌・心・体のキレイと健康をサポートする--ヒルズコレクション
【PR】最新新作ゲームから四半世紀前のレトロ機種まで!『駿河屋ゲーム』
【PR】エコロジー雑貨のオンラインショップ エコデパジャパン
【PR】安心へのこだわり 自然派石鹸☆紫紺乃米

彼女が死んだ夜/西澤保彦

彼女が死んだ夜 (幻冬舎文庫)彼女が死んだ夜 (幻冬舎文庫)
(2008/06)
西澤 保彦

商品詳細を見る

【あらすじ】
門限はなんと六時! 超厳格教育で育てられた箱入り娘のハコちゃんこと浜口美緒。両親を説得し、やっとのことでアメリカ旅行の許可を得た。両親の目を盗んで大学の仲間が壮行会を開いてくれた出発前夜、家に帰ると部屋に見知らぬ女性の死体が! 男性人が駆けつけると、こんなトラブルに巻き込まれて旅行が中止になってしまっては、と興奮したハコちゃんは、喉にナイフを当てこういった。「この死体を捨ててきてくれなければ、わたしは死ぬゥ!」。とんだ難題の処理が大事件に発展し・・・・。タック、タカチ、ボアン、ウサコ、キャンパス4人組が挑む第一の事件。長編本格ミステリ!     (裏表紙より)
【一行目】
 自宅の玄関に足を踏み入れた瞬間、浜口美緒は胸騒ぎを覚えた。
【感想】
タックシリーズの第一弾目! 私、タックシリーズは「麦酒の・・」以外は大好きなんです。この4人のキャラが好きなので。
でも、本書にでてくるわがままお譲は大嫌い。というか、ありえねぇ~と言うか、お譲に対して既成概念ができちゃうよ(笑)
謎解きとかは結構面白いんだけどねぇ。なんか犯人もかわいそうだよん。ということで、腹がたった作品でした。
【★★☆】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】世界の一流食品をお届けする片岡物産【セレクト・フーズ・マート】
【PR】【イー・モバイル】激安!正規販売店 ※もしもし本舗※ 
【PR】デザイナー&クリエイターのオリジナルグッズ!UPSOLD.com
【PR】日本製タオルのオンラインショップ◆いまばりタオルブティック

記憶の果て/浦賀和宏

記憶の果て (講談社文庫)記憶の果て (講談社文庫)
(2001/08)
浦賀 和宏

商品詳細を見る

【あらすじ】
親父が死んだ。自殺だった。俺は安藤直樹。親父が残したパソコンのなかにいるのは裕子。いや違う、あれは単なるプログラムにすぎない。でもプログラムに意識が宿ったのならば…。いったい彼女は何者なんだ!徹底した方法意識に貫かれたテクストが読者を挑発する、第五回メフィスト賞に輝くデビュー作。    (裏表紙より)
【一行目】
 親父が死んだ。自殺だった。
【感想】
私にはちょっと難しい作品でしたねぇ。これってやっぱりジェネレーションギャップなのでしょう。
父親が自殺し、書斎ののこっていたPCには人工知能のようなプログラム「安藤裕子」が入ってた。安藤裕子は人間のように答えてくれるのだ。
その安藤裕子とは何か?がミステリなわけなんだけど、その不思議な会話の空間と日常生活の間で大人になっていく少年のお話しなのです。
でも、好奇心をくすぐるような進行具合とか、時々挿入される音楽とかセンスがいいと感じました。
そんなに好きっていう作品ではないんだけど(私にとってはね)、でも、この安藤直樹シリーズは読みたいなぁってなぜか思います。
【★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】食器・インテリア雑貨のセレクトショップ「アイネスト」
【PR】良質のエッセンシャルオイル配合のアロマバスエッセンス【アジアチカ】
【PR】神戸といえばチョコレート!チョコレートといえばフランツの濃厚チョコレートケーキ
【PR】抜け毛予防は頭皮環境を整えることから!ヘアメディカル・スカルプD

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。