スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漂流街/馳星周

漂流街 (徳間文庫)漂流街 (徳間文庫)
(2000/09)
馳 星周

商品詳細を見る

【あらすじ】
日系ブラジル人マーリオ。反対する祖父を殴り倒して出稼ぎにきた日本。だとり着いた自動車工場。過酷な労働、安い賃金。クソのような日々。今は、ヤクザがらみの風俗の下働き。店の女ケイがそそる。ケイの客。関西ヤクザの大物。チャンスだった。奪った。金とヤク! 逃げた。殺した。追われている・・・・警察に、中国人に、ヤクザに。マーリオのたった一人の闘い! 怒りと絶望を道づれに暗黒小説が疾走する!     (裏表紙より)
【一行目】
 香水の匂い。いくら顔をしかめても鼻の奥に飛びこんできた。
【感想】
もう日本を15年も離れているし、日本へ帰っても札幌だけだし。東京は外国人が多いと聞きますが、目の当たりにしたことがないので実情をしらないも同然。
なので本書も自分にはあまりリアリティがありません。へぇ~~そうなの?みたいな感じ。
若い人たちのエネルギーの爆発の仕方が怖いですねぇ。主人公・マーリオがブラジル人だからなのかな? でも、物悲しさもありますね、本書には。
格差社会、就職問題などなど、あぶれた人間に対して世間は冷たいというか。自分で道を切り開くっていうのも当たり前なんだけど。
マーリオのラストの方で言うセリフなのですが・・・
「洗練された目、おもわせぶりな態度。それでいて、実がない。嘘で塗り固めた虚僧。他社を信じることがなく、他人から信頼されることもない。」
マーリオ=馳氏の日本、日本人を酷評した文。なんかわかるなぁ・・・という気持ちもありますけどね。毒舌です。あは
【★★☆】

漂流街 THE HAZARD CITY [DVD]漂流街 THE HAZARD CITY [DVD]
(2008/02/06)
TEAH.ミッシェル・リー.及川光博.吉川晃司.柄本明

商品詳細を見る

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】しっとりとクリーミーな食感はまるで高級デザート!種子島甘蜜芋「みつ姫」
【PR】食事の時間が愉しくなる!ドイツデザインのテーブルウェア・カーラ
【PR】大人の女性のおしゃれ生活 ベルーナ
【PR】沖縄の限定お菓子を食べ尽くす>>>沖縄「琉球市場」

スポンサーサイト

ヒート アイランド/垣根涼介

ヒートアイランド (文春文庫)ヒートアイランド (文春文庫)
(2004/06)
垣根 涼介

商品詳細を見る

【あらすじ】
渋谷でファイトパーティーを開き、トップにのし上がったストリートギャング雅。頭のアキとカオルは、仲間が持ち帰った大金を見て驚愕する。それはヤクザが経営する非合法カジノから、裏金強奪のプロフェッショナルの男たちが強奪した金だった。少年たちと強奪犯との息詰まる攻防を描いた傑作ミステリー。     (裏表紙より)
【一行目】
 暮夜に雨は止んでいた。
【感想】
読了後思ったのが・・・馳星周と石田衣良の中間、ってこと。決して誉められるような生き方をしている若者たちではないけど、暗くもないし。それに主人公の二人は世に悲観的でもなく、どこか芯のある信念みたいなものを持っているように感じられる。魅力的な二人だと思うなぁ。
これまた分類が難しい(笑)。ノワールのようだけど決してノワールではないと思うし、クライムノベルでもないし。
私もどちらかというとアウトロー的生き方をしてきちゃったから、彼らの生き方も認めるし、若いっていいなぁ~って思っちゃったなぁ。無茶ができるものね。うはぁ~おばさん的発言、でたぁ~~!あはは
垣根氏の作品にはアウトローの美学があると思います。だからこそ、出る作品出る作品人気があるんだよね。
このまま、真っ黒にはならないで欲しいなぁ。日本へ帰ったら、まず読みつくしたい作家のひとりなんです。まだ2冊しか読んでいないので。
本書は映画?TV番組?になりましたよね。観ました。小説の方が二人の絆とかがもっと深くて好きです。
【★★★☆】

ヒート アイランド [DVD]ヒート アイランド [DVD]
(2008/03/26)
城田優木村了

商品詳細を見る

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】シリーズ300万部突破!旅の指さし会話帳
【PR】浸透の実感!アメリカで大人気のバイオ基礎化粧品b.glen
【PR】出会いを応援する【イオイオホットライン】
【PR】格安航空券なら「e航空券.COM」におまかせ

波のうえの魔術師/石田衣良

波のうえの魔術師 (徳間文庫)波のうえの魔術師 (徳間文庫)
(2007/02)
石田 衣良

商品詳細を見る

【あらすじ】
あの銀行を撃ち落とせ! 謎の老投資家が選んだ復讐のパートナーはフリーターの<おれ>だった。マーケットのAtoZを叩きこまれた青年と老人のコンビが挑むのは、預金量第三位の大都市銀行。知力の限りを尽くした「秋のディール」のゆくえは・・・・。新世代の経済クライムサスペンスにして、連続ドラマ化話題作。     (裏表紙より)
【一行目】
 世界がまるで変わってしまう一日がある。
【感想】
IWGPシリーズもめっさ好きだけど、本書も大好きですねぇ。石田氏の恋愛小説はまだ読んでことがないのですが・・・。
株の勉強にもなりました。あはは 「秋のディール」なんてもうハラハラドキドキ! それでいて、フリーターで目的なく生きている<おれ>の成長物語でもあります。
私も株をちょっとやってみようかしらん、なんて気持ちになっちゃいますねー。あひゃー
また<おれ>に株投資のイロハを教えるおじいさんがなんかかっこいい!彼は復讐のために<おれ>を仕込むのですが、結局、いいじいさんなんです^^
本書は読んでも損はしません!あはは
【★★★★】

ビッグマネー~浮世の沙汰は株しだい~ DVD-BOXビッグマネー~浮世の沙汰は株しだい~ DVD-BOX
(2002/10/02)
長瀬智也原田泰造

商品詳細を見る

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】ヒップホップアブス【30日間返品保証】
【PR】旅行用品からおみやげまで何でも揃う!旅行に行く前にギフトランド
【PR】世界最大規模のCD・DVDオンラインストア【CDWOW】
【PR】お誕生日プレゼントに「パジャマ」っていいかも!

Cの福音/楡周平

Cの福音 (角川文庫)Cの福音 (角川文庫)
(2008/10/25)
楡 周平

商品詳細を見る

【あらすじ】
航空機事故で両親を失い、異郷アメリカで天涯孤独になった朝倉恭介は、おのれの全知力と肉体を賭けて「悪」の世界に生きることを決心する。NYマフィアのボスの後ろ盾を得て恭介が作り上げたのは、日本の関税法の盲点をつき、コンピュータ・ネットワークを駆使したコカイン密輸の完璧なシステムだった。驚くべき完全犯罪・・・しかし・・・・。国際派ハードボイルド作家楡周平の記念碑的デビュー作品。     (裏表紙より)
【一行目】
 十二月下旬の朝、マンハッタンの南端にあるバッテリーパーク近くの波止場から出港したスタッテン・アイランド・フェリーは、アッパー・ニューヨーク・ベイとハドソン川との汽水域を斜めに横切る形で、自由の女神を目指して進んでいた。
【感想】
うはぁ~ダーティーヒーロー、ここに誕生!っていう感じですねぇ。
悪いことをしてはいけません。はい、そうなんですけど・・・。朝倉恭介はかっこいいんですよぉ。
それに平和ボケした日本の法の網をくぐっての犯罪。お見事です!本当に。
入国管理局だって・・・いとも簡単に騙せるもの、日本は。(←これは友人(ドイツ人)がやりました。あはは)
本書の後から彼をどうするのか?がとても楽しみでした。(もちろん続編がでています。)
それにしても、楡氏も突然あらわれた方ですよねぇ。まだまだ埋れた才能ある方がいるんだろうなぁ~。
【★★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】国内宿泊予約なら日本旅行の宿ぷらざ
【PR】日本最大級カシュカシュアイテム専門店
【PR】FC2ミニブログPIYOをはじめよう!登録はこちら>>>
【PR】【AJARA本店】日本最大級のアジアン雑貨店

黄金を抱いて翔べ/高村薫

黄金を抱いて翔べ (新潮文庫)黄金を抱いて翔べ (新潮文庫)
(1994/01)
高村 薫

商品詳細を見る

【あらすじ】
銀行本店の地下深く眠る6トンの金塊を奪取せよ! 大阪の街でしたたかに生きる6人の男たちが企んだ、大胆不敵な金塊強奪計画。ハイテクを駆使した鉄壁の防御システムは、果たして突破可能か? 変電所が炎に包まれ、制御室は爆破され、世紀の奪取作戦の火蓋が切って落とされた。圧倒的な迫力と正確無比なディティルで絶賛を浴びた著者のデビュー作。日本推理サスペンス大賞受賞。     (裏表紙より)
【一行目】
長い熱帯夜の後の、蒸風呂の夜明けだった。
【感想】
いやぁ・・すごいですねぇ。本書がデビュー作なんですもんね!といっても「リヴィエラを撃て」の方が先に書かれたらしいけど。やっぱり大作家となる方は最初から違うものなんですねぇ。
差別化しちゃいけないけど、それも女性ですしねぇ。女性が男っぽく書こうとしてもどこか無理があったりするものじゃないですか? でも高村氏の作品には違和感がありませんもの。
計画を実行する6人はそれぞれ特殊技術があり、計画のための準備とかそれぞれするのですが、その経過もおもしろく読むことができます。
計画の実行に際しても上手い!の一言。時間的なリミットがあるので、文章にも時刻が書かれます。それだけでもうハラハラドキドキ。
犯罪はいけないことってわかっているけど、応援したくなるのは何故なんでしょうね?あはは
その1つには主人公達のキャラの良さかな? それぞれいろいろな問題を抱えていて同情すべきところがあることはあるのですが、でも、やっぱり犯罪は犯罪。真似しちゃいけません!(誰が真似するん?あはは)
なんとなくですが、ハリウッド映画のピーター・フォーク主演の「ブリンクス」を思い出しました^^
【★★★★☆】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】厳選された選りすぐりの極上の生食用牡蠣なら!牡蠣のイチカキドットコム
【PR】カーテンのことならLive Love Life【ライブ・ラブ・ライフ】
【PR】シェルフォース◆除菌スプレー
【PR】皇朝:横浜中華街で1番の行列店!世界チャンピオン中華点心セット

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。