スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千里眼 背徳のシンデレラ/松岡圭祐

クラシックシリーズ12  千里眼 背徳のシンデレラ 完全版 上 (角川文庫)クラシックシリーズ12 千里眼 背徳のシンデレラ 完全版 上 (角川文庫)
(2009/05/23)
松岡 圭祐

商品詳細を見る

【あらすじ】
元航空自衛官にして女性初のF15パイロット、現在は臨床心理士となり、その動体視力と観察眼、心理学の知識を併せ持ち<千里眼>の異名をとるほどにすべてを見抜く、戦後最強のヒロインが最大級の謎に挑む。耐震強度偽装をめぐる事件に仕掛けられた罠を看破したとき、美由紀は新たな陰謀の種を発見した。そこにはかつて、日本を震撼させた天才女テロリスト友里佐知子の後継者、鬼芭阿諛子の壮絶な復讐が待っていた---。最強のヒロイン岬美由紀が、ついに千里眼の祝k名と対峙!人気シリーズ最長編の書き下ろし上巻。     (上巻裏表紙より)
【一行目】
日本列島が海に沈んで、もう四日が過ぎた。
【感想】
そっかぁ~。ここまでのシリーズで最長編なのねー。すっごく読み応えがありました!
毎回そうですが、いきなり何事?!と思うシーンから始まります。
上記の一行目を読んだだけで、びっくりですよ。えぇ~~日本列島が海に沈んだの???ですもん。
スペクタル大きすぎ~とは思ったのですが、おもしろくてサクサク読めちゃいます。
シリーズ最初の「千里眼」で美由紀の上司であり尊敬する心理士でもあり、敵だった友里佐知子のお話がでてきます。最大の目玉は、死んだはずの佐知子の娘・阿諛子との対決ですねぇ~。
私は阿諛子との対決よりも、佐知子が受けたメフィストコンサルティングでの教育の話がとってもおもしろかったんですけどねぇ~。
少しメフィストコンサルティングの内側が暴露されてきたし。もうワクワク!早く続きが読みたーーい!!
噂で、角川文庫から出版されてから、なんか内容が薄くなった・・・と聞きましたが・・・どうなんでしょう?
松岡氏の作品は本当、なんでもサクサク読めて、ノンシリーズも何冊か出版されているようだし~、早く読まなきゃ。
【★★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】吉野家冷凍牛丼の具、店舗と同じ味を再現!
【PR】悩み解決!あなたの魅力をさらにUP!☆解決ドットネット
【PR】ギフトに癒しグッズを!各種カード対応!即日発送可!
【PR】広東料理の真髄を凝縮。横浜聘珍樓のショッピングサイト

スポンサーサイト

皇帝のいない八月/小林久三

皇帝のいない八月 (新風舎文庫)皇帝のいない八月 (新風舎文庫)
(2004/04)
小林 久三

商品詳細を見る

【あらすじ】
ブルートレイン「さくら」の切符をゆずれと脅迫した男たちは何者なのか。切符譲渡を拒んだ業界紙記者の石森は、異様な不安を覚えつつブルートレインの客となった。果して異常な雰囲気を発散させる男たちがいた。彼らの狙いは? 行先は? 大胆な構想と迫真の設定で世を震撼させた予見的長篇ミステリー。     (裏表紙より)
【一行目】
深い霧が視界を閉ざしていた。
【感想】
むか~しむかし、映画を観にいった微かな記憶があります。どういう訳か内容は思い出さないのですが、丹波哲郎の姿だけを思い出すんですよん。これまた古~い作品なのですが、たまたま手に入ったので読んでみました。
本書は昭和53年に出版されました。読みながら思ったのが「この頃の日本人は熱い!」ということでした。自衛官による列車ジャッククーデターが起きるのですが、その中に偶然乗り合わせた男が主人公です。彼はかつて商社マンであり、駐在先のチリに武器を輸出し、反革命クーデターを目の当たりにしたという心の傷を抱えています。こういう設定が見事ですね~!彼を主人公にすることによって著者は日本の軍国主義化やファシズム化を大いに懸念している姿が見受けられます。
ま、今の日本にこれだけ熱くなれる人々がいるのか甚だ疑問ではあるのですが。そういう私も新人類であり、三無主義者などと呼ばれた世代。自分さえよければ・・・とは思いませんが、自分ひとりが動いてどうなる?という気持ちも確かにあります。そこがモドカシイんですけどね。
こういう社会派な一昔前の作品を読むのも、意識革命とまではいきませんが、こういう時代もあったのだと認識するだけで違うと思います。機会があったら是非どうぞ。
【★★】

皇帝のいない八月 [DVD]皇帝のいない八月 [DVD]
(2006/04/27)
渡瀬恒彦吉永小百合

商品詳細を見る

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】国内宿泊予約なら日本旅行の宿ぷらざ
【PR】日本最大級カシュカシュアイテム専門店
【PR】FC2ミニブログPIYOをはじめよう!登録はこちら>>>
【PR】【AJARA本店】日本最大級のアジアン雑貨店

バトル・ロワイアルⅡ鎮魂歌/高見広春、杉江松恋

バトル・ロワイアル II 鎮魂歌バトル・ロワイアル II 鎮魂歌
(2003/06)
高見 広春杉江 松恋

商品詳細を見る

【あらすじ】  
七原秋也と中川典子があの島を脱出して2年。世界はテロルの時代に突入。そのクリスマス、首都にそびえ立つ墓石のような高層ビル群が閃光を放ち、崩れ落ちた。反BR法組織<ワイルド・セブン>のリーダーとなった七原は、連続爆破テロリストとして国際指名手配。30数名と戦艦島に潜伏した。そして大人達は、「正義」の名の下に、新しいゲーム、通称〔BRⅡ〕を開始した。全国の主要メディアがジャックされ、七原秋也からの声明が流れる。<ワイルド・セブン>の旗を背景に、銀色のカラシニコフを抱えた七原がゆっくりと語りだす。「・・・・賽は投げられた。オレ達は、かつてオレ達を殺し合わせてきたすべての大人を許さない。共に立て。そして共に戦おう。オレ達は今、すべての大人に宣戦布告する!」 一方、青井拓馬ら町立鹿之砦中3年B組の生徒42人は、政府によりバスごと拉致された。麻酔から目覚めた拓馬の視界に、海を隔てて、軍艦の形をした異様な島のシルエットが揺れる。兵士にせき立てられ迷彩服への着替えを強制される生徒たち。戸惑う拓馬たちの前に現れた教師リキは、戦争ゲームの開始を告げた・・・・。    (裏表紙より)
【感想】
映画化に伴い、1作目を読んだ時は衝撃的でしたね~。世論もいろいろと動いたし。本書はあれから2年の月日が経ち、主人公がテロリストの親玉となり続けられます。
2作目の方がず~~っと面白かったです。1作目の無慈悲な教師・北野先生やリキなんかのことも繋がって書かれていてなんだか泣けます。最期はもう涙~涙~でしたよ~。
読んでいて歯痒く感じるのが、なぜ、BR法という不条理なことによって子供たちを亡くした大人たちが動かないのか!!っていうこと。本書では政府側がドキュメントタッチのTV番組まで作っているんですから・・・。
また続きが書かれるのかなぁ~と期待しております。本作品の原案は高見広春さんで書いているのは杉江松恋さん。映画のノベライズってことなのかな?杉江さんって書評しかしないと思っていました。惨い戦闘シーンとかありますが、不条理がまかり通ってしまう大人社会へのアンチテーゼを感じる作品であります。
【★★★☆】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】和のテイストのプーアール茶【農園の茶屋】
【PR】ヨーロッパにいくならここをチェック★日本旅行の海外ツアー♪
【PR】北海道のうまいを食べよう! 夕張メロン専門店藤本青果
【PR】雀荘の雰囲気まで完全再現!オンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan」

ターゲット/楡周平

ターゲット (角川文庫)ターゲット (角川文庫)
(2009/02/25)
楡 周平

商品詳細を見る

【あらすじ】
世界の大国アメリカを滅ぼそうと在日米軍基地に仕掛けられる恐怖のウイルス兵器・・・危機管理ゼロの日本を襲う最悪のシナリオ!「北の陰謀」を未然に防ぎ、テロリストを殲滅せよ・・・密命を帯びて沖縄に飛ぶ恭介を待ち受けるものは? 皮肉な運命の糸のねじれか、追われるべき恭介がCIAの工作員として「北」の男を追う。『Cの福音』『猛禽の宴』に続く朝倉恭介シリーズ、必殺の第3弾。待望の文庫化!     (裏表紙より)
【感想】
我らがダーティーヒーロー・朝倉恭介がCIAのために働く! ほよ?!ダーティー返上か?と思ってしまいましたよん(笑)。それにしても楡氏作品、スケールがでかく、それでいてスピーディーな展開には益々磨きがかかってきています。厚く、字も小さいんだけれど、あっという間に読めてしまう気持ち良さ! たった1度だけの協力、ということでしたが、これほどの人材をCIAがほっておくのか?という疑問も残ります。
本書では「北」の工作員が日本に(沖縄)に潜入し、ウイルス兵器を仕掛けてくるわけなのですが、考えたら恐ろしや。有り得そうだから余計に恐いですよん。そんな日が来ないことを祈るばかり。ホント、危機感がありませんもんね・・・。やっぱ憲法を見直す時期にきているんじゃないだろうか?とマジで思ってしまいます。
さて朝倉恭介シリーズは佳境をむかえるはず。楡氏の2作目、4作目で主人公のジャーナリストとの共演をして終わるんだそうで・・・続きを(もちろんもう出ております)読むのが楽しみです。
【★★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】食器・インテリア雑貨のセレクトショップ「アイネスト」
【PR】良質のエッセンシャルオイル配合のアロマバスエッセンス【アジアチカ】
【PR】神戸といえばチョコレート!チョコレートといえばフランツの濃厚チョコレートケーキ
【PR】抜け毛予防は頭皮環境を整えることから!ヘアメディカル・スカルプD

帝都探偵物語1 人造生命の秘密/赤城毅

帝都探偵物語〈1〉人造生命の秘密 (光文社文庫)帝都探偵物語〈1〉人造生命の秘密 (光文社文庫)
(2003/02)
赤城 毅

商品詳細を見る

【あらすじ】
時は大正14年、帝都東京に突如不死身の怪人が現れた。その正体は、狂気の元軍医が生み出した人造生命だった! 父を想う可憐な少女の依頼を受け、心優しい青年探偵・小暮十三郎が立ち上がる。行く手に立ちはだかる憲兵大尉・横光の邪悪な陰謀。危機に次ぐ危機―――そして涙を抑えきれない結末まで、一気に読ませる大活劇。鬼才・赤城毅、光文社文庫初登場!     (裏表紙より)
【感想】
う・・・ん、ジュヴナイルですなぁ~。ジュヴナイル系を読んでキャ~キャ~騒ぐお年は、とう~の昔に終わっているのですが、嫌いではありません。まず「帝都」という言葉に惹かれます。私の大好きな時代背景。世の中が混沌としている時って、妙~に騒がしくて煌びやかじゃないですか。そんなレトロな雰囲気が大好きです。それでこのシリーズ、まず1巻目を読んでみて考えよう(読み続けるか)と思い、手にしました。   
ま、1巻目ですからね。先は見えていて、普通だなぁ~とは思いました。次に大事な登場人物たちというと、結構、好きなパターン。主人公の私立探偵・小暮十三郎はアメリカのあのピンカートン探偵社で働いていたという設定はなかなか私好み。彼をバックアップするお嬢様や元浮浪児(でもメチャ美形・笑)も出すぎずでよいよい。
総合すると、こういうエンタ系にしては私の中では高得点ですね。ストーリーの進み方、お涙頂戴話といい田中芳樹よりも私はいいと思います。もうちょっとジュヴナイルから抜けてくれるのではないか?!と期待したいところです。ということで・・・次もとりあえず読むことでしょう(笑)。
【★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】和のテイストのプーアール茶【農園の茶屋】
【PR】ヨーロッパにいくならここをチェック★日本旅行の海外ツアー♪
【PR】北海道のうまいを食べよう! 夕張メロン専門店藤本青果
【PR】雀荘の雰囲気まで完全再現!オンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan」

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。