スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六番目の小夜子/恩田陸

六番目の小夜子 (新潮文庫)六番目の小夜子 (新潮文庫)
(2001/01)
恩田 陸

商品詳細を見る

【あらすじ】
津村沙世子----とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。そして今年は、「六番目のサヨコ」が誕生する年だった。学園生活、友情、恋愛。やがては失われる青春の輝きを美しい水晶に封じ込め、漆黒の恐怖で包みこんだ、伝説のデビュー作。     (裏表紙より)
【一行目】
 こんなゲームをご存知であろうか。
【感想】
恩田氏のデビュー作。面白い作家がデビューしたよ、と友人に教えてもらいました。
確かに面白い。設定も面白いし、独特な恩田氏の空気がありますよね。
でも、ごめんなさい。私は消化不良で終わってしまいました。良さがわかりませんでした。
「六番目のサヨコ」のゲームが始まるところまではワクワクしたんだけどなぁ。
何冊か恩田氏作品を読んではいるんですけど、すごくいい!か受け付けないかの両極端なんです。(あ、私にとってはね。)
恩田氏が作品で訴えたいことが、中々見つけられない私って・・・大人すぎるんだろうか?と思ってしまいます。どちらかというとファンタジー系だからかな?
【★★】

六番目の小夜子 第一集 [DVD]六番目の小夜子 第一集 [DVD]
(2001/01/17)
鈴木杏栗山千明

商品詳細を見る

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】ブランド時計が全品衝撃価格!【ブルーク】
【PR】大人が夢中になれるホビーグッズがテンコ盛り!ホビーショップ タムタム
【PR】WWCITY “新感覚ショッピングシティ”
【PR】楽譜・音楽書籍・音楽雑誌はシンコーミュージック・エンタテイメント


スポンサーサイト

ぬしさまへ/畠中恵

ぬしさまへ (新潮文庫)ぬしさまへ (新潮文庫)
(2005/11/26)
畠中 恵

商品詳細を見る

【あらすじ】
きょうも元気に(?)寝込んでいる、若だんな一太郎の周囲には妖怪がいっぱい。おまけに難事件もめいっぱい。幼なじみの栄吉の饅頭を食べたご隠居が死んでしまったり、新品の布団から泣き声が聞こえたり・・・・。でも、こんなときこそ冴える若だんなの名推理。ちょっとトボケた妖怪たちも手下となって大活躍。ついでに手代の仁吉の意外な想い人まで発覚して、シリーズ第二弾、ますます快調。     (裏表紙より)
【一行目】
「にきちさくしへ、ひとねおみでけしおりよろ、わすれ・・・・何だろうね、この先は・・・・・」
【感想】
やっぱりいいねぇ~~このほのぼのさ^^
主人公である一太郎は、廻船問屋兼薬種問屋・長崎屋の若だんな。病弱で大事に大事にされているぼんぼんなんだけど、性格がこれまたすごくいいのです。甘やかされたバカ若だんなじゃないところがいいです。謙虚ですよぉ~。自分の境遇に甘えず、成長しようという気持ちがあって。1作目の「しゃばけ」よりも成長してますねぇ~。
本作も6篇の短篇集なのですが、妖怪たちの力を借りながらも、事件を解決していきます。幼なじみのピンチも救うし。ホロっとくるような人情話もあるし!
畠中氏作品がヒットする理由は、妖怪たちのキャラの良さもあるけど、ほのぼのとさせてくれる、軽快なテンポの文章力にあるように思います。
「ねこのばば」「おまけのこ」などなどこのシリーズも続いているわけですが、長編はあるんだろうか?
是非、じっくりと読ませていただきたいなぁ~。
最後のお話「虹を見し事」では妖怪達がでてこない!というハラハラものでした。だって妖怪あっての一太郎ですもんね。でも、この事件のおかげで、一太郎はまた1つ大人になったような気がします。
【★★★☆】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】お茶・日本茶・静岡茶【市川園】
【PR】激安!圧倒的な品揃え!中古DVD専門店もんきーそふと
【PR】沖縄の限定お菓子を食べ尽くす>>>沖縄「琉球市場」
【PR】【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

ゼームス坂から幽霊坂/吉村達也

ゼームス坂から幽霊坂 (双葉文庫)ゼームス坂から幽霊坂 (双葉文庫)
(2003/05)
吉村 達也

商品詳細を見る

【あらすじ】
結婚生活は幸せに感じていたのは自分だけだったのか・・・・。花嫁姿で妻の茉莉に自殺された宮島は、不祥事を恥じるあまり遺体を庭に埋めて隠した。しかし翌日、茉莉はいつもと同じ笑顔で夫を待ち受けていた! 凍りつく恐怖を乗り越えた先に宮島が得たのは夫婦の愛。多くの読者が結末に号泣した感動の作。     (裏表紙より)
【感想】
ジャンル分けに苦しみました。ホラーっぽいけど怖さはないし、ボーダー小説っぽいけど、ミステリ要素が強いし・・・ってことで、ホラーファンタジーだな!と。なのでファンタジーにしましたよん。
あらすじには「結末に号泣した感動の作」と書いてありますが・・・・私はそうなりませんでしたし、逆にきれました(笑)。許せない!っていう気持ちの方が強いというか、勝手に子供を残して自殺した茉莉に腹がたちました。エゴイスト過ぎるよって。
吉村作品でノンシリーズはあまり読んでいません。本書を読んでいると梶尾真治氏の「黄泉返り」を思い出しました。そういうお話で終わったら号泣の感動作になったと思うけど、本書では自殺の理由があまりにもバカらしく感じたんです。それは残された者の気持ちを私が知っているからかもしれません。身近な人の死を知らない人には、素直に受け入れることができるのかも知れません。読み物としてはトタバタ喜劇あり、夫婦の本当の愛って?などなど面白いのかもしれませんが、拒絶反応を私は起こしてしまった作品でした。
【★☆】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】犬用ケーキ・無添加手作りおやつ専門店★パティシエール・セリ
【PR】ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

しゃばけ/畠中恵

しゃばけ (新潮文庫)しゃばけ (新潮文庫)
(2004/03)
畠中 恵

商品詳細を見る

【あらすじ】
江戸有数の廻船問屋の一粒種・一太郎は、めっぽう体が弱く外出もままならない。ところが目を盗んで出かけた夜に人殺しを目撃。以来、猟奇的殺人事件が続き、一太郎は家族同様の妖怪と解決に乗り出すことに。若だんなの周囲は、なぜか犬神、白沢、鳴家など妖怪だらけなのだ。その矢先、犯人の刃が一太郎を襲う・・・・。愉快で不思議な大江戸人情推理帖。日本ファンタジーノベル大賞優秀賞。     (裏表紙より)
【感想】
江戸モノと言えば・・・・私が好きなのはやっぱり宮部みゆき氏作品。人情噺たっぷりで笑えるやら切なくなるやら。そう思っていたら、これまた面白い新人が誕生しておりました。それが本書!
主人公の一太郎は大店の廻船問屋の一粒種。体が弱く、死にそうになること数回。なもんで両親や店の者からも大事に大事に育てられた箱入り息子。そんな純粋培養のせいか、性格ものほほ~んとした世間知らず。だけど、一太郎には「物の怪」が見えるのでした。それもそのはず、心配したお爺様がどこからか連れてきた一太郎を守るよう命じた小僧二人。その小僧たちからして物の怪だったのだから・・・。一太郎17歳の時、事件は起きたのでした~ペペン、ペンペン!
すご~く楽しく、それでいて謎解きがこれまた面白く読むことができました。一太郎の周りにいる付喪神たちはメチャめんこいし、庇護されて育った一太郎の意思の強さ、それに一太郎の出生の秘密など、「お主、なかなかやるなぁ~」ですよん。ちょっとした疑問は残るものの、それはファンタジーということで・・・。ま、本書はたぶんにも「序」なのでしょう。これからがとっても楽しみです。
【★★★★】

【PR】小学館グループがお届けするコミック・イラスト・小説投稿サイト「DreamTribe(ドリームトライブ)」
【PR】博多名物「屋台の食べ歩き」に最適なツアー>>>九州ツアーランド
【PR】四季の旬菓と和心スイーツ専門店【玉華堂】
【PR】生活雑貨、日用品を幅広く品揃え。5千円以上送料無料◆リビングート

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。