スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄い女神/篠田真由美

玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)
(2000/07/14)
篠田 真由美

商品詳細を見る

【あらすじ】
旅先のインドで、橋場亜希人が不可解な「密室」死を遂げた。10年後、橋場の恋人だった狩野都は群馬山中に「恒河館」を建て、当時の旅行仲間たち、そして桜井京介を招く。ミステリアスな「館」で展開される真相解明劇。そこへ、さらなる悲劇が・・・・。過去と現在が複雑に絡み合う謎を、京介はどう解き明かすか?     (裏表紙より)
【一行目】
 がらんとした部屋の中央、古びて半ばつぶれかかった籐の寝椅子に仰向けに倒れて、男は死んでいた。手足はだらしなく四方に投げ出され、足の先には黒いゴム・サンダルが、脱げたままの場所に放り出されていた。
【感想】
舞台をインドと日本にしたのが面白い。それにヒンドゥーはまだまだ私にとっては未知の世界なので、でてくる言葉や意味もおもしろく読むことができた。
本書は「建築探偵桜井京介」シリーズの2作目。建築に関してもでてはくるものの、それほど重要な位置にはおかれていません。
でも、おもしろくサクサク読めるのはやはりすごい。でもでも、種明かしに・・・それを使うのかぁ~っていう部分は無きにしも非ず。
だけど、シリーズ本ってハマると最後・・・読まずにはいられません^^ ま、本書はシリーズの中でも悪くない方がだとは思います。
切なさを描かせると天下一品に思います、篠田氏作品は。胸がキュ~ンってなるんですよねぇ~。だからやめられません!(笑)
【★★★☆】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】これさえあればどこにでも行ける!海外旅行の必須アイテム12ヶ国語翻訳機
【PR】会員数1500万人のSNS GREE
【PR】愛されて40年◆下町バームクーヘン◆乳糖製菓
【PR】レ・トワール・デュ・ソレイユのオフィシャル通販サイト

スポンサーサイト

高千穂伝説殺人事件/内田康夫

高千穂伝説殺人事件 (光文社文庫)高千穂伝説殺人事件 (光文社文庫)
(2009/01/08)
内田 康夫

商品詳細を見る

【あらすじ】
美貌のヴァイオリニスト千恵子の父・本沢は、M-商事の平凡なサラリーマンだった。秘密の留守番電話に<ブツはニュータバルからタカチホへ。運んだのはノベウン。受けとったのは市川>という謎のテープを残して、本沢は突然失踪した。その後、父の知り合いと称する男が、高千穂で不審死を遂げた。そしてまた、新たな殺人が・・・・。神話と伝説の国、高千穂に隠された巨大な秘密!! 千恵子は、私立探偵浅見の助けを借り、高千穂へと向かうが。気鋭内田康夫が、綿密な取材をもとに満を持して放つ、書下しサスペンス・ミステリー。     (裏表紙より)
【一行目】
 「浅見さん、あなた、独身主義ですか?」
 林教授はいきなり訊いた。
【感想】
謎の言葉の謎解きがやっぱり面白いです。私は事件の真相が歴史的な事件なんかに結ばれている作品が結構好きなので、本書は好きな方です。
ただ・・・動機が少し希薄なような気がします。おもしろいところにリンクしてあるのに、それがちょっと勿体ないような・・・。
【★★☆】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】本格ドリップコーヒーが1杯18円。こだわりのコーヒー専門店カフェ工房
【PR】激安中古パソコン(シキウッド)
【PR】特価品・セールは厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
【PR】数少ないレディスアンティークウォッチ&ジュエリーの専門店シェルマン

幻惑の死と使途/森博嗣

幻惑の死と使途 (講談社文庫)幻惑の死と使途 (講談社文庫)
(2000/11/15)
森 博嗣

商品詳細を見る

【あらすじ】
「諸君が、一度でも私の名を呼べば、どんな密室からも抜け出してみせよう」いかなる状況からも奇跡の脱出を果す天才奇術師・有里匠幻(ありさとしょうげん)が衆人環視のショーの最中に殺された。しかも遺体は、霊柩車から消失。これは匠幻最後の脱出か? 幾重にも重なる謎に秘められた真実を犀川・西之園の理系師弟が解明する。     (裏表紙より)
【一行目】
 生い茂る森林に挟まれて、緑の広場が細長く延びている。緩やかに起伏を繰り返す大地は、ずっと奥まで芝に覆われ、慎み深い空気が、まだ靴を濡らすほど湿っている。無慈悲な日射に曝されるまでの静けさが、あった。
【感想】
本書は奇数章しかなく、このシリーズ第7作目の「夏のレプリカ」が偶数章のみという、並行しているという面白い企みをしています。森氏やるぅ~!あはは
天才奇術師が脱出マジックのTV収録中に殺害され、お葬式でも遺体が消失するという密室トリックもの。トリック自体はそう驚くほどでのことではないんだけど、私は犯人とか動機とかに感動したというか好きですねぇ~。
なんか・・・なんでもそうだけど、芸の道ってすごいんだなぁ~と思いますねぇ><
ストーリー展開の構成がすごくいいので、最後までアっという間に読めましたよん♪
【★★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】掲載数2800誌以上!雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp
【PR】着物通販専門のショッピングモール【Kimono*凛】
【PR】日本最大級の大型文房具専門店★KDM★
【PR】万能うまだれ『味禅』

夏と冬の奏鳴曲(ソナタ)/麻耶雄嵩

夏と冬の奏鳴曲(ソナタ) (講談社文庫)夏と冬の奏鳴曲(ソナタ) (講談社文庫)
(1998/08)
麻耶 雄嵩

商品詳細を見る

【あらすじ】
首なし死体が発見されたのは、有希が降り積もった夏の朝だった!20年前に死んだはずの美少女、和音の影がすべてを支配する不思議な和音島。なにもかもがミステリアスな孤島で起きた惨劇の真相とは? メルカトル鮎の一言がすべてを解決する。新本格長編ミステリーの世界に、またひとつ驚愕の名作が誕生!     (裏表紙より)
【一行目】
 長い鯨幕が続いていた。
【感想】
麻耶作品を理解するのはもう大変かも。その上長い! あと・・・登場人物の名前が・・・読めなさ過ぎる!途中で、誰だっけ?って、読み方もテケトーになっちゃった。あはは
ストーリー的には面白いし、私は銘探偵・メルカトル鮎の使い方は本書では好きだった。
ん・・・ここまで長くする必要あるんだろうか?が読んだ後すぐに思った感想。^^;
麻耶作品って・・・順番にシリーズ全てを読まないと理解できないんじゃないだろうか?と思うんだけど、どうなんだろう?このままの調子が続くのであれば、次の作品を読むのが苦痛になりそう><
【★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】ドール好きのためのお店【ロボクリス】
【PR】グッチ・ドルガバ・シャネル等、ブランド古着通販【ブランテージ】
【PR】おと週編集部がおススメする逸品☆おとなの週末お取り寄せ倶楽部
【PR】創業30年の職人技のハム・ソーセージ☆北海道トンデンファーム

ディオニシオスの耳/湯川薫

ディオニシオスの耳 (トクマ・ノベルズ)ディオニシオスの耳 (トクマ・ノベルズ)
(1999/02)
湯川 薫

商品詳細を見る

【あらすじ】
1989年4月、モントリオール。ゴチック様式の教会の尖塔に刺される形で殺害された日本人留学生、立原まゆみ。事件は、女性を誘拐し避雷針に突き刺すという連続殺人犯ダニエルの犯した猟奇事件のひとつとして処理された。それから10年・・・・。当時の留学生仲間に同窓会を兼ねたライブの招待状が届いた。モントリオールのマッギネス大学には6人の日本人留学生がいた。それぞれが、過去の忌まわしい記憶を払拭してライブ会場に赴いたとき、新たなダニエルの魔の手が迫る。留学生仲間の森久美子がライブ会場で血を吐いて奇妙な死をとげる。若き大学講師、湯川幸四郎は否応もなく事件の渦中に巻き込まれてゆくが・・・・。科学論で世界を築いた著者がはじめて挑む理系本格ミステリー。     (表紙折り返しより)
【一行目】
 ----1989年4月、モントリオール
 稲妻がゴチック様式の教会の尖塔に吸い込まれた。
【感想】
あまり評価がよくない作品ですが・・・私は結構おもしろく読みました。確かに文章はあまり上手ではないかな?とは思うし、トリックも紐解いてみたら2番煎じみたいには感じましたけどね。
面白く読めたのは、やっぱりちょっと奇想天外な猟奇事件を、それも舞台をモントリオールから始めたところかな。
思ったより理系ビシバシでもなかったしねぇ。さすが、理学博士だけあって知識も豊富で、お勉強にもなりました。あは
【★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】サントリーのお酒通販サイト【E-liquor】限定商品やレアものウイスキーなど種類豊富
【PR】【あなたの安眠をサポート】快眠力アップの寝具販売<<マニフレックス>>
【PR】稚内の物産ショッピングモールわっしょい
【PR】PCあきんど、知ってる?

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。