スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の裁き/スチュアート・カミンスキー

冬の裁き―刑事エイブ・リーバーマン (扶桑社ミステリー)冬の裁き―刑事エイブ・リーバーマン (扶桑社ミステリー)
(1998/03)
スチュアート カミンスキー

商品詳細を見る

【あらすじ】 
真冬のシカゴ。深夜、若い夫婦が二人組に襲われた。夫は射殺され、妻は重傷。老刑事エイブ・リーバーマンにとって、これは特別な事件だった。殺されたのは、彼の甥だったのだ。こうして、長い一日がはじまった。犯罪が続発し、哀しみの葬儀が進むなか、リーバーマンの執念の捜査はつづく。そして24時間後、彼は事件に潜む真の悲劇を裁く場に立っていた・・・・。一日を時系列的に追う緊密な構成で、からみあう犯罪と人間模様を浮き彫りにする野心的ミステリー。MWA賞作家カミンスキー、渾身の一作!     (裏表紙より)
【感想】 
舞台が冬だからだろうか。全体的な暗いイメージが漂っています。その中、事件を追う老刑事エイブ・リーバーマン。このシリーズももう10冊くらいでているんじゃないかしら。
実は初挑戦なんです、カミンスキー作品。海外作品は特にシリーズ化している場合が多いので、そうなると最初から読まないと気がすまない私の性分!(⌒o⌒;) アセアセ  で、リーバーマンシリーズの1作目を手に入れたという次第です。たぶん、警察小説になるんだろうけど、難しいのよね~この分類。やっぱりハードボイルドだよなぁ~。
さてさて、本書ですが、主人公であるリーバーマンの甥がパーティの帰りに射殺されるところから始まります。殺されたのが身内ですからね~、燃えるリーバーマン。だけど、シカゴ警察は忙しく、他にもたくさんの事件を抱えているわけなんです。リーバーマンは無駄口をたたかず、黙々と捜査をするタイプでして、核心に迫れば迫るほど、世間の裏側が見えてくるという・・・。問題を抱えることになった相棒ハンラハンの事件もハラハラさせます。
1作目ということで、こんなもんじゃないかなぁ~と思うのですが、もっともっと面白くなっていくことを期待しています。もちろん続きを手に入り次第読んでいきます。
【★★☆】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】お一人でもOK!生協のラクラク宅配
【PR】バラエティー豊かな『ナチュラルチーズ』は【ナチュラルチーズ専門店】へ!
【PR】【RatesToGo】世界各地のホテルをお得に直前予約
【PR】パソコンデスクをお求めならPCデスクメーカー直販店「パソコンデスク屋」

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。