スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷舞 新宿鮫Ⅵ/大沢在昌

氷舞―新宿鮫〈6〉 (光文社文庫)氷舞―新宿鮫〈6〉 (光文社文庫)
(2002/06)
大沢 在昌

商品詳細を見る

【あらすじ】 
西新宿のホテルで元CIAの米人ブライドが殺され、新宿署刑事・鮫島の追う日系コロンビア人・ハギモリが消えた。事件の鍵を握る平出組の前岡に迫る鮫島。しかし、事件に関わるすべてが、なぜか迅速強固な公安警察の壁で閉ざされる。その背後には元公安秘密刑事・立場なの影が。捜査の過程で鮫島は、美しく、孤独な女・杉田江見里と出逢う。その鮫島を幾重にも襲う絶体絶命の危機!! 血と密謀にまみれた立花が守る、公安の奥深くに隠された秘密とは? ラストに絶望と至福が、鮫島を、江見里を、そして読者を待ち受ける。二年ぶり待望のシリーズ第6弾、新たなる興奮と感動のページが開かれる!     (裏表紙より)
【感想】 
なんだか新宿鮫もどんどんスケールが大きくなってきましたね~。読んで思い出しました。この作品、スペシャルドラマで見たことがあるわ。確かヒロインの(今回は晶じゃないんですね~。ウフフ)杉田江見里を鷲尾いさ子が演じたんですよね。「お~~鮫島が浮気!!」ってことばっかりに感嘆したという私。ヾ(≧▽≦)ノ ガハハ♪ 私の中での鮫島は館ひろしじゃないんですけどね・・・ヤメテホシイ。
相変わらず大忙しな新宿署でして、鮫島は自分に任務を遂行しているのですが、その事件を追いかけるうちに、凄いところに到達してしまいます。はだかるのは公安警察。ライバル(?)の立花と対決か!?と手に汗握るわけなのですが・・・。
一匹狼で嫌われ者の鮫島をサポートする脇役たち、桃井、藪、香田たちがこれまたいい味を出しています。それと先にも書きましたが、晶に惚れているはずの鮫島が・・・・同じ臭いを持つ美女に惹かれてしまう!という。これだけでワクワクするじゃないですか!!
どんどん鮫島ってすごい奴になっちゃうなぁ~という感がありますが、やっぱり止められないわぁ~このシリーズ。いっそのこと、鮫島が警視庁総監とかになっちゃうところまでいって欲しいものだわ。アハハ
それにしてもいつも思うの。公安警察って小説で、どうしてこうも嫌われるのかしら? ある意味、日本の治安を守るために無いといけない組織でもあるわけです。本当の公安警察もこういう嫌な奴ばっかりなのかしら?なんてフと思った次第です。ん・・・あたしって平和ってことなのかしらん。
【★★★☆】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】テレビCMでもおなじみの【ギガ得プラン】 DTIより5,460円で新登場!
【PR】お掃除用品のメガマーケット!清潔キレイ館
【PR】飲み物を注ぐとハートが浮かぶ驚きと感動のカップ!☆和心屋
【PR】石垣島滞在最安値ツアー【沖縄ツアーランド】

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。