スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロの誘い/アンドリュー・ヴァクス

ゼロの誘い (ハヤカワ・ミステリ文庫)ゼロの誘い (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(1999/11)
アンドリュー ヴァクス

商品詳細を見る

【あらすじ】
ぼくは自殺しそうな気がする。守ってほしい・・・・。ランディーと名乗る若者はバークに訴えた。彼の周囲で知り合いの若者が次々と自殺し、異常な事態に怯えたランティーは、母親の知人であるバークを頼ってきたという。死んだ若者たちの親から話を聞くうち、彼らが同じ精神科医の治療を受けていた事実が判明する。その背後には、残忍かつ非情な秘密が! 心に癒せぬ傷を抱えたアウトロー探偵バークの苦闘。シリーズ第二期開幕。   (裏表紙より)
【感想】
シリーズ6作目の「サクリファイス」にて、子供を助けられなかったバークは悲しみから立上れないでいた。死と生の境界線のことを彼は「ゼロの地点」と読んでいます。その地点は死んでいく者にしか見ることができない境界線なのです。危うくバーク自身が自らその地点を見よう(?)とする場面もあり、内心ヒヤリとしました。バークにはもっともっと活躍して、辛い人生を歩まされている子供たちを救って欲しいですもの。
第二部開始ということで、今回も病んでいる社会にメスを入れます。それも虐待されている子供たちの世界の一部に。それは読んでいて本当に苦しくなるくらいひどい世界です。そしてされてもどうしようにもできない子供たち。哀れというか、加害者は死刑になるべきだわ!と本当に憤りを感じます。一般に虐待を受けた子供は、未来に同じ虐待の加害者となると言われています。じゃあ、どこでその悪を根絶することができるのでしょう。それは自分自身が強くならないといけないのでしょうね、きっと。全ての子供たちに明るい未来があるといいのに。
何はともあれ、立ち直ったバーク。バークをフォローする仲間たちも健在で、バークが戻ってきたことに喜んでいます。決してクリーンな解決法とは言いがたいのですが、それでも虐待という悪にとことん滅ぼしてほしいです。がんばれ~バーク!
【★★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】肌・心・体のキレイと健康をサポートする--ヒルズコレクション
【PR】最新新作ゲームから四半世紀前のレトロ機種まで!『駿河屋ゲーム』
【PR】エコロジー雑貨のオンラインショップ エコデパジャパン
【PR】安心へのこだわり 自然派石鹸☆紫紺乃米

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。