スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の砕ける音/トマス・H・クック

心の砕ける音 (文春文庫)心の砕ける音 (文春文庫)
(2001/09)
トマス・H. クック

商品詳細を見る

【あらすじ】
ロマンチストの弟は「運命の女」がきっといると信じていた。リアリストの兄はそんな女がいるはずはないと思っていた。美しく謎めいた女が兄弟の住む小さな町に現れたとき、ふたりはたしかに「運命の女」にめぐりあったのだったが・・・・。クックがミステリを超えて、またひとつ美しくも悲しい物語を紡ぎだした。     (裏表紙より)
【感想】
運命の残酷さを描かせたらトマス・H・クックに勝る人はいないだろう。そのくらい残酷さ、それもどうしようもない運命、まるで蜘蛛の巣にどんどんからまっていく無情さが読者を導いていく結末の悲しさといったら凄いことこの上ない。人間は最終的に決着をつけるために「しょうがない」と言って諦めることがある。その時の哀しさを思い出させる。
本書では1人の女と全く正反対な気質の兄弟の、3人の運命の歯車が、1つの事件(正確には2つ)によって翻弄される。結末へと進むうちにどんどんやり切れない気持ちになっていった。がんばっても立ち向かっていけない不条理さ。本書でも暗くなれること間違いなし(笑)。時々、神様というモノが存在し、地上の人間を弄んでいるんじゃないか?って本当に思うことがある。クックの作品を読んでいると、クック自体に興味がどんどん湧いてきます。この人には何があったんだろう?って。
新作がでるたびに読まなくては!と思ってしまう作家です。暗くなるのはわかっていても、やめられない!それは作品の中に流れる美しく哀しい雰囲気にのみこまれるからだろうな~きっと。堪能しました。
【★★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】しっとりとクリーミーな食感はまるで高級デザート!種子島甘蜜芋「みつ姫」
【PR】食事の時間が愉しくなる!ドイツデザインのテーブルウェア・カーラ
【PR】本気の職人が育てた最高品質のトラフグ
【PR】大人の女性のおしゃれ生活 ベルーナ

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。