スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂気のざわめき/マーティン・クラリッジ

狂気のざわめき (新潮文庫)狂気のざわめき (新潮文庫)
(1993/06)
マーティン クラリッジ

商品詳細を見る

【あらすじ】
ロープが食いこんでねじれた首、飛び出たグロテスクな目―――子どもばかりを狙う連続殺人犯「エディンバラの絞首人(ハングマン)」。行き詰まりをみせる捜査に焦った担当検事は、優秀だが、凶悪犯を殺害したため停職中の刑事マクモランに捜査への参加を命じた。マクモランは同様の手口の殺人を調べるうち、二十数年前の殺人事件との微かなつながりを追いはじめる・・・・。緊迫感溢れるサイコ・サスペンス。
(裏表紙より)
【感想】
サイコサスペンスにはよくあるパターンではある。でもね、それが止められないのよ。このパターンに登場するヒーローって一匹狼的刑事で、同僚に敬遠されていて、だけど正義に対する忠誠心は強く、必ず犯人を割り出す。本書のヒーローのように停職中とかも箔がつくディティールね。(笑)
犯人が狂気への道に進んでいく原因がいただけない。こういうサイコサスペンスを読んでいると、「親」って本当に責任重大というか、親になるのが恐くなるわ。
だけど子どもを被害者にする犯罪者は許せない。過激発言かもしれないけれど、一生、病院あるいは刑務所から出てこなければいいのよと、痛ましい事件を聞くたびに思う。
それにしても本当に世の中は恐ろしい。全然関係がなかったのに、所謂行きがかりの殺人の被害者になってしまうんだよね。自分の身の回りで起こったことがないから、私の中ではまだ対岸の火事でしかないんだけれど、子どもを殺された親の気持ちは計り知れないものがあると思う。
こういうことは後を絶たないわけで、だから、小説の中だけででも本書のようなヒーローに事件をズバっと解決してほしい。実際にこういうヒーローがこの世の中にいることを願い、私はサイコサスペンスを読み続けるのかもしれないなぁ。
【★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】美容院・美容室・ヘアサロンの情報検索なら美美美コム
【PR】専門店のかに、うに、いくら、旬の逸品をお届け!北釧水産
【PR】生命保険見直し相談
【PR】え!?美顔器が【980円】【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!?

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。