スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血の流れるままに/イアン・ランキン

血の流れるままに (ハヤカワ・ミステリ文庫)血の流れるままに (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2007/06)
イアン ランキン

商品詳細を見る

【あらすじ】
エジンバラ市長の娘が誘拐された! リーバスらは、激しいカーチェイスの末、容疑者のふたりの少年を追いつめるが、逃げ場を失った彼らは、フォース川に身を投げ自殺してしまった。それからほどなく、ある区議員のまえで元受刑者が自殺。一見なんの関係もない、三人の自殺を調べるリーバスに、様々なところから、捜査中止の圧力がかかってきた。それを物ともしない一匹狼リーバスは、やがてスコットランドの社会、政治、経済全体を巻きこむ、大きな汚職事件に突きあたるのだが・・・・。     (裏表紙より)
【感想】
こりゃまた、私を魅了するかっこいいヒーローを読んでしまいました。その名はリーバス警部。ハードボイルドタッチで一匹狼の魅力がプンプン。どんなに旨い話がきても自分の信念を貫く強さ。もう最高っすね~。
本作はそんなリーバス警部のシリーズでなんと七作目。イアン・ランキンは読みたいリストにしっかり入っているのですが、文庫になるのを待っておりました。だって~ハヤカワ・ミステリは高いんだも~ん。人気があるせいか、文庫化にならないんですよね、これまた。(あ、でも、文庫化しても同じくらいの値段にはなりそうなんだけど・・・)。たまたま本書が手に入ったので読んでしまった次第なのですが、もうこれは~、1作目から読むっきゃないっしょ!
主人公がかっこいい、これは私の第一条件だけど、本書の魅力はそれだけではありませんぞ~。
市長の娘の誘拐容疑者を追いかけ、追いつめたと思ったら目の前で橋から飛び降りて自殺され、関係ないところでこれまた元受刑者が自殺。社会の底辺の、どこにでもあるような自殺が結びついた時、それはスコットランドの社会や政治生命にまで結びつく事件だったという、複雑なプロットには本当に脱帽もの。馴染みのないスコットランドですが、本書では判りやすく書かれています。
もう1つ、リーバスをライバル視し、汚い手を使ってでも出世したいフラワーとのやり取りが小気味いいんですよん、これまた。何はともあれ、マジで読むっきゃない!シリーズです。オススメ~♪
【★★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】シリーズ300万部突破!旅の指さし会話帳
【PR】浸透の実感!アメリカで大人気のバイオ基礎化粧品b.glen
【PR】出会いを応援する【イオイオホットライン】
【PR】格安航空券なら「e航空券.COM」におまかせ

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。