スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅唇(ルージュ)/レスリー・グラス

紅唇(ルージュ) (講談社文庫)紅唇(ルージュ) (講談社文庫)
(2001/10)
レスリー グラス

商品詳細を見る

【あらすじ】
死神が訪れたのは、閉店直後のブティックだった。通報を受け駆けつけたNY20分署の女性刑事エイプリルが目撃したのは、派手なメイクと新品のドレスで装われ、シャンデリアから吊られた女。変質者? 怨恨? だが残虐な犯行は、それだけでは終わらない。現代人の心の闇に迫る、『刻印』に続くシリーズ第2弾!      (裏表紙より)
【感想】
読んでいてすぐ思ったのが私の好きなS・J・ローザンの作品を連想させるなぁ~だった。たぶん、本書の主人公エイプリル・ウーが中国人系だからだという単純なわけなんですけど。そんな彼女は刑事でありNY20分署に勤務しています。この作品は第二弾目のようですね~。う・・・やってしもうた~。
エイプリルが猟奇殺人事件を捜査していくのですが、途中でてくるエイプリルのお母さんがこれまたいい味をだしているんです。すごくアジア的思想の持ち主で、エイプリルに細々と指図をする姿に、ほのぼの感じます。う~ん、これは私がアジア人だからなんだろうけど。
エイプリルは対人関係において一歩引くことがあります。言いたくても飲込んじゃうというか。捜査を進めていくのと同じように彼女自身が強くなっていく過程も書かれ、思わず応援しちゃう気持ちになります。あと、事件の根底にあるモノは、普通の兄弟たちの中にもある感情であって、なんだかやるせない思いにとらわれました。まずは1作目を読んでみようと思います。
【★★★☆】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】お茶・日本茶・静岡茶【市川園】
【PR】激安!圧倒的な品揃え!中古DVD専門店もんきーそふと
【PR】沖縄の限定お菓子を食べ尽くす>>>沖縄「琉球市場」
【PR】【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。