スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異人たちの館/折原一

異人たちの館 (講談社文庫)異人たちの館 (講談社文庫)
(2002/07)
折原 一

商品詳細を見る

【あらすじ】
富士の樹海で失踪した息子・小松原淳の伝記を書いて欲しい。売れない作家島崎に舞いこんだゴーストの仕事・・・・。女依頼人の広大な館で、資料の山と格闘するうちに島崎の周囲で不穏な出来事が起こり始める。この一家には、まだまだ秘密がありそうだ。五つの文体で書き分けられた折原叙述ミステリーの最高峰!    (裏表紙より)
【感想】
折原作品は=(イコール)叙述ミステリ、ってな具合なので、騙されないぞ~~~と意気込んで読んだのですが・・・。
今回もやられました~! え~~どうして~?!と前のページをゴソゴソと探しながら読むはめに。いつも覚悟して読み出すのになぁ。
本書では失踪した息子の伝記を書くという話から始まり、その伝記のためのインタビューやその伝記の記事、樹海で遭難した小松原淳の言動など、うまく複雑にからみ、惑わされること惑わされること~!
あまり叙述ミステリは好きではないのですが、折原作品を読むたびに、すごいなぁ~と感嘆してしまいます。
憎らしいのが、本書は厚いんです。前の部分を読み返したくても、どこだったか、すぐに探し出せない歯痒さときたら~キッ~~となること請合い(笑)。
余談ですが、川出正樹氏が書いた解説、海外ミステリも好きな私には楽しく読めた解説でした。
【★★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】【Okasix(おかしっくす)】殿堂入りスイーツ4種おためしセット
【PR】東映アニメーションのアニメグッズが盛りだくさんの公式オンラインショップ
【PR】Super Select Shop 「LoveLove」
【PR】北海道の新鮮な魚介類をそのままに!かじうち商店!

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。