スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝都探偵物語1 人造生命の秘密/赤城毅

帝都探偵物語〈1〉人造生命の秘密 (光文社文庫)帝都探偵物語〈1〉人造生命の秘密 (光文社文庫)
(2003/02)
赤城 毅

商品詳細を見る

【あらすじ】
時は大正14年、帝都東京に突如不死身の怪人が現れた。その正体は、狂気の元軍医が生み出した人造生命だった! 父を想う可憐な少女の依頼を受け、心優しい青年探偵・小暮十三郎が立ち上がる。行く手に立ちはだかる憲兵大尉・横光の邪悪な陰謀。危機に次ぐ危機―――そして涙を抑えきれない結末まで、一気に読ませる大活劇。鬼才・赤城毅、光文社文庫初登場!     (裏表紙より)
【感想】
う・・・ん、ジュヴナイルですなぁ~。ジュヴナイル系を読んでキャ~キャ~騒ぐお年は、とう~の昔に終わっているのですが、嫌いではありません。まず「帝都」という言葉に惹かれます。私の大好きな時代背景。世の中が混沌としている時って、妙~に騒がしくて煌びやかじゃないですか。そんなレトロな雰囲気が大好きです。それでこのシリーズ、まず1巻目を読んでみて考えよう(読み続けるか)と思い、手にしました。   
ま、1巻目ですからね。先は見えていて、普通だなぁ~とは思いました。次に大事な登場人物たちというと、結構、好きなパターン。主人公の私立探偵・小暮十三郎はアメリカのあのピンカートン探偵社で働いていたという設定はなかなか私好み。彼をバックアップするお嬢様や元浮浪児(でもメチャ美形・笑)も出すぎずでよいよい。
総合すると、こういうエンタ系にしては私の中では高得点ですね。ストーリーの進み方、お涙頂戴話といい田中芳樹よりも私はいいと思います。もうちょっとジュヴナイルから抜けてくれるのではないか?!と期待したいところです。ということで・・・次もとりあえず読むことでしょう(笑)。
【★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】和のテイストのプーアール茶【農園の茶屋】
【PR】ヨーロッパにいくならここをチェック★日本旅行の海外ツアー♪
【PR】北海道のうまいを食べよう! 夕張メロン専門店藤本青果
【PR】雀荘の雰囲気まで完全再現!オンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan」

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。