スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼームス坂から幽霊坂/吉村達也

ゼームス坂から幽霊坂 (双葉文庫)ゼームス坂から幽霊坂 (双葉文庫)
(2003/05)
吉村 達也

商品詳細を見る

【あらすじ】
結婚生活は幸せに感じていたのは自分だけだったのか・・・・。花嫁姿で妻の茉莉に自殺された宮島は、不祥事を恥じるあまり遺体を庭に埋めて隠した。しかし翌日、茉莉はいつもと同じ笑顔で夫を待ち受けていた! 凍りつく恐怖を乗り越えた先に宮島が得たのは夫婦の愛。多くの読者が結末に号泣した感動の作。     (裏表紙より)
【感想】
ジャンル分けに苦しみました。ホラーっぽいけど怖さはないし、ボーダー小説っぽいけど、ミステリ要素が強いし・・・ってことで、ホラーファンタジーだな!と。なのでファンタジーにしましたよん。
あらすじには「結末に号泣した感動の作」と書いてありますが・・・・私はそうなりませんでしたし、逆にきれました(笑)。許せない!っていう気持ちの方が強いというか、勝手に子供を残して自殺した茉莉に腹がたちました。エゴイスト過ぎるよって。
吉村作品でノンシリーズはあまり読んでいません。本書を読んでいると梶尾真治氏の「黄泉返り」を思い出しました。そういうお話で終わったら号泣の感動作になったと思うけど、本書では自殺の理由があまりにもバカらしく感じたんです。それは残された者の気持ちを私が知っているからかもしれません。身近な人の死を知らない人には、素直に受け入れることができるのかも知れません。読み物としてはトタバタ喜劇あり、夫婦の本当の愛って?などなど面白いのかもしれませんが、拒絶反応を私は起こしてしまった作品でした。
【★☆】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】犬用ケーキ・無添加手作りおやつ専門店★パティシエール・セリ
【PR】ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。