スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大東京三十五区 冥都七事件/物集高音

大東京三十五区 冥都七事件 (祥伝社文庫)大東京三十五区 冥都七事件 (祥伝社文庫)
(2004/06)
物集 高音

商品詳細を見る

【あらすじ】
血を吐く松。迷路での人間消失。消える幽霊列車。天に浮かぶ文字―――昭和も初め、帝都東京に現われた謎また謎。早稲田の不良書生、阿閉(あとじ)君はこれら怪事件の取材におお忙し。「玄翁(げんのう)先生」こと間直瀬玄蕃(まなせげんば)は縁側でその謎に挑む。二人の珍妙な問答の末、明かされる意外な真相とは? レトロでモダンで猟奇(エログロ)な時代の風俗を背景に、罠(トリック)と倫理(ロジック)が冴え渡る探偵小説の真骨頂。     (裏表紙より)
【感想】
待っておりました!物集先生の帝都の奇書! 傑作「血食」を読んでから、待っていたんですよん、新刊(といっても文庫化するまで)を。「血食」から2年ぶりにだされたのですね~。
本書もレトロな文体、文書。私の大好きな混沌とした時代を背景に、当時の風習なども少しは知っていた方がもっと面白く読めることでしょう。江戸末期、明治、大正の世に起き、庶民を驚かせた幽霊譚を早稲田の書生・阿閉万(あとじよろず)君が見つけ出し、阿閉君がお世話になっている下宿屋のオーナーでいてご隠居の玄翁先生が見事に謎を解決します。玄翁先生は趣味人でいてアームチェア・ディティクティブ。見事七つ目の事件を解決するのですが・・・これが連作の面白さ! どんでん返しが待っているわけなんですよん。
私はあまり上手く説明できないのですが、レトロな文体や時代で読みにくいのではないのか?と思っている貴方! 本当にそんなことはありません。面白くスラスラ読めてしまうのは、そこは物集氏の才能ですよ。不可思議な情緒をたっぷり味わっていただきたいです。
【★★★☆】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】中国茶器のチンシャン・オンラインショップ
【PR】楽天ブロードバンドのADSL及び光ファイバーの回線開設
【PR】【無料】安いハウスクリーニング業者が見つかる!!
【PR】東北の旬をお届けします♪宮城県特産品市場

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。