スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼瑠璃草/明野照葉 他

鬼瑠璃草―恋愛ホラー・アンソロジー (祥伝社文庫―恋愛ホラー・アンソロジー)鬼瑠璃草―恋愛ホラー・アンソロジー (祥伝社文庫―恋愛ホラー・アンソロジー)
(2003/02)
明野 照葉

商品詳細を見る

【あらすじ】 
天才的な色彩感覚を持つ女の激しい恋◆ふと始まった耳鳴り、まるでセミが棲みついたような◆一人旅の女が持つスーツケースの中身◆「私の夢に現れないで!」と罵る女◆親友の夫と不倫する女の心の闇・・・・明野照葉、森福 都、久美沙織、下川香苗、瀬川ことび、高橋ななを、森 真沙子、前川麻子、篠田節子が贈る、あなたの背筋を凍らせるとびきりの愛と恐怖の物語。     (裏表紙より)
【感想】
恋愛ホラー・アンソロジーってことで・・・・ 女って恐いわぁ!どの作品もジワジワと恐さが下から上ってくる感じなんです。作家はあらすじに書いてありますが、読んだことがあるのは明野氏、森氏、篠田氏の3人ですね~。瀬川ことびって・・・女性だったんですね(⌒o⌒;) アセアセ
最後の篠田氏の作品以外はモロに「恋愛」から発生する狂気というか女の情念がすさまじいです。同じ女としては、こうならなくてよかった!(って過去系にしちゃってますけど。苦笑)ですよ。女の狂気ってすごくドロドロしていておぞましいですよね。なんていうか狂人じゃなくて、ホント、すぐ隣にいて普通にしている人が本当は・・・みたいな。でもね、やっぱ恋愛には真剣になっちゃうもんね~女は特に。未来がかかっているし(笑)。そう考えると女っていう生き物は切ないなぁ~とも思いますよん。
それと本書を読んでフっと思ったのが、女流作家の描く女って本当恐い!ってこと。なんていうかヒール役の女の登場人物の想定が恐すぎるのよね。関係ないけど「女の敵は女」という言葉が頭を過りました。
たまにはいいね、アンソロジーも。手に入ったら読もうと思います。
【★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】古本漫画全巻セット専門販売【コミックセット.jp】
【PR】超おすすめ商品医療用医薬品、医療用漢方薬!三牧ファミリー薬局
【PR】登録サイト85万突破!A8.netでアフィリエイトをはじめよう!
【PR】「Macを買うなら…」でおなじみの秋葉館オンラインショップ

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。