スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四日間の奇蹟/浅倉卓弥

四日間の奇蹟 (宝島社文庫)四日間の奇蹟 (宝島社文庫)
(2004/01)
浅倉 卓弥

商品詳細を見る

【あらすじ】  
第一回『このミステリーがすごい!』大賞・大賞金賞受賞作として、「描写力抜群、正統派の魅力」「新人離れしたうまさが光る!」「張り巡らされた伏線がラストで感動へと結実する」「ここ十年の新人賞ベスト1」と絶賛された感涙のベストセラーを待望の文庫化。脳に障害を負った少女とピアニストの道を閉ざされた青年が山奥の診療所で遭遇する不思議な出来事を、最高の筆致で描く癒しと再生のファンタジー。     (裏表紙より)
【感想】 
最初、なんだか読んだことがあるような内容だなぁ~と思った。篠田節子氏がこんな感じの小説を書いたよね、たしか。でも中盤から違う方向へとストーリーは展開していきました。チャンチャン♪ そうだよね~仮にもこのミス大賞受賞作でベストセラーだもんね~アハハ。
あらすじに書いてあるほどの感涙はなかったです。確かに温かいものは感じましたし、よかったぁ~とも思ったし。う~ん、これは私個人の問題なんだと思うんだけど。なんだか羨ましかったっす。事故とかで突然亡くなる人はみんな、こんな風にお別れができたらいいのに・・・なんて思いました。そしたら、私も2年前に事故で失った息子とお別れがちゃんとできるなぁ~なんて思っちゃったりなんかしちゃって~、アハハ。
本書では、奇跡によって、これから亡くなろうとしている人もこれから生きようとしている人も、そして事故によって自分を見失ってしまった人、この3人を癒し、救うところに感動します。自分はちょっと苦しいことを経験しているせいか、素直に感動できなくて、たぶんそれは自分には起こりえない奇跡だからであって、一般的にはとっても受けるだろうなぁ~と思いました。
でも・・・これってボーダー小説だよね。ファンタジーとも違うし。「このミス」がこの作品を選んだというのも面白いですね~。浅倉氏の他の作品はどうなんでしょう?? 機会があったら読みたいと思います。
【★★★☆】

四日間の奇蹟 [DVD]四日間の奇蹟 [DVD]
(2005/11/21)
吉岡秀隆石田ゆり子

商品詳細を見る

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】これさえあればどこにでも行ける!海外旅行の必須アイテム12ヶ国語翻訳機
【PR】会員数1500万人のSNS GREE
【PR】愛されて40年◆下町バームクーヘン◆乳糖製菓
【PR】レ・トワール・デュ・ソレイユのオフィシャル通販サイト

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。