スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RIKO -女神の永遠-/柴田よしき

RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠 (角川文庫)RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠 (角川文庫)
(1997/10)
柴田 よしき

商品詳細を見る

【あらすじ】
男性優位主義の色濃く残る巨大な警察組織。その中で、女であることを主張し放埒に生きる女性刑事・村上緑子(リコ)。彼女のチームは新宿のビデオ店から一本の裏ビデオを押収した。そこに映されていたのは残虐な輪姦シーン。それも、男が男の肉体をむさぼり、犯す。やがて、殺されていくビデオの被害者たち。緑子は事件を追い、戦いつづける。たった一つの真実、女の永遠を求めて----。性愛小説や恋愛小説としても絶賛を浴びた衝動の新警察小説。<第15回横溝正史賞受賞作>     (裏表紙より)
【一行目】
「納得できません。」
緑子は強い口調で抗議した。
【感想】
警察小説なんだろうけど・・・わたし的にはハードボイルドにしたいなぁ。そのくらい主人公の村上緑子がかっこいいのだ。
柴田作品はデビューして以来ずーっと追い続けているけど、この緑子シリーズは最高傑作だと思います。3冊シリーズとしてあるんですけど、どれも本当に素晴らしいでき! たくさんある柴田作品の中で1番好きですねぇ♪
RIKOはちょっと異色な女性刑事。今までの女性刑事ものはちょっと肩に力が入りすぎている女性像が多かったけど、彼女は自然体のように思えます。周りの男性刑事にもよるんだろうけど。
本書ではバイセクシャル的なこともでてくるけど、嫌らしさがない。逆に私は緑子という女性にどんどん引き込まれていきました。
そういう意味では、本当、異色な警察小説ですねぇ。ガチガチの警察小説よりも好感がもてたなぁ。
で、緑子が猟奇的な事件を追いかけていくわけなのですが、途中から彼女自身にもいろいろ問題がでてきて・・・途中で読むのを止めることができないくらいでしたよん。
横溝正史賞を受賞するのもうなずけます。
本書自体、95年の作品だし、3作目ですら98年の作品です。中年になったRIKOのお話が読みたいなぁ~。おもしろいかも。もちろんカッコイイままの緑子でお願いしたいです。
【★★★★☆】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】産地直送ならあおもりうまいもん市場
【PR】日本最大級ネット書店のイーブックオフ
【PR】日本最大級の品揃えのカタログギフト専門店【MYROOM】
【PR】4年連続最優秀賞受賞の生産者が育てた松阪牛

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。