スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凍てついた夜/リンダ・ラ・プラント

凍てついた夜 (ハヤカワ・ミステリ文庫)凍てついた夜 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(1996/01)
リンダ ラ・プラント

商品詳細を見る

【あらすじ】
酒を飲めば、すべて忘れられた。捜査中に少年を誤殺したことへの罪悪感も、それが元で警察をくびになったことさえ・・・・。ロス市警の元警部補ロレインは、酒に溺れ、街をさまよい、ついには売春婦に身を落とす。が、六年後、連続殺人事件に巻き込まれたことから、彼女は人生をやり直すことを誓う-----どん底まで落ちた元女性警部補の、自己再生を賭けた捨て身の闘い。心を熱く揺さぶるハードボイルド。     (裏表紙より)
【一行目】
路地は暗かった。大通りのネオン灯の光がかすかに差し込んでくるだけで、両脇に建ち並ぶビルの裏口に取り付けられた電球はすべて割れている。
【感想】
どん底まで堕ちた女性はとても痛い。著者が女性だから余計に表現の仕方がリアルで、本書のヒロイン・ロレインの最初の描写を読んでいると、ものすごく心が痛くなった。
警部補だったロレインは、職務中に飲酒をし、少年を間違って射殺してしまう。当然、警察は解雇。本人はお酒で現実逃避をしアル中に。夫と子供たちを失い、最後には売春婦にまで身をおとす。
すぐにひき逃げに遭うんだけど、その時の身体はボロボロ。性病さえもっているというありさま。
男性はどん底に堕ちやすいように思うが、堕ちた女性よりはまだ救われていると思う。
そんなロレインが女性連続殺人事件に巻き込まれ、昔の自分の中の“正義”が徐々に蘇り、独自に調査を始めるのだ。そしてここで探偵ロレインの誕生となる。
でも、アル中はそう簡単には治らない。調査しながらも自分との闘いに苦しむロレイン。思わず「がんばれ!」と思ってしまったよん。
全てを失った人間は逆に強いのかもしれない。自覚さえあれば。だってもう失うものなんて何もないんだもん。
ラストは自分を犠牲にしてまでも戦うロレインの姿に感動する。
本書は一応、自己再生への道を歩み始めたロレインの姿で終わるけど、この後2冊続きがあります。
恋愛中の人間と堕ちた人間には何を言っても本人には届かないってわかっているけど、その壁を乗り越えた人間はがんばってほしい、と思いますよね。応援したくなるシリーズですよ^^
【★★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】ハレイワスーパーマーケットオフィシャルサイト
【PR】アクトレス矯正ほか、審美歯科のQ&Aでお悩みすっきり。無料相談、予約受付
【PR】人気TVに登場!シュワっととろけるほわいとぱりろーる!!
【PR】4万アイテムがお出迎え!日本最大級の手芸サイト『クラフトマックス』

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。