スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻色江戸ごよみ/宮部みゆき

幻色江戸ごよみ (新潮文庫)幻色江戸ごよみ (新潮文庫)
(1998/08)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

【あらすじ】
盆市で大工が拾った迷子の男の子。迷子札を頼りに家を訪ねると、父親は火事ですでに亡く、そこにいた子は母と共に行方知れずだが、迷子の子とは違うという・・・・(「まひごのしるべ」)。不器量で大女のお信が、評判の美男子に見そめられた。その理由とは、あら恐ろしや・・・・(「器量のぞみ」)。下町の人情と怪異を四季折々にたどる12編。切なく、心暖まる、ミヤベ・ワールドの新境地!     (裏表紙より)
【一行目】
火が出たのは師走の28日の夜、伊丹屋の誰もがぐっすりと眠っている時刻だった。折悪しく北風の強い夜で、しかもここ十日というもの一滴の飴も降っていなかった。もしも、火元の仏間に近いところで寝起きしている番頭の藤兵衛が眠りの浅い体質でなく、かすかな煙の匂いに気づいて飛び起きていなかったなら、新年を三日後に控えた寒空の下で、伊丹屋の全員が野晒しにあうところだった。
【感想】
宮部氏の江戸モノを読むとなんかホっとしますねぇ。人情があって、切なくて、でもほのぼのしていて、救いがありますね。やっぱり日本人はいい!って日本が恋しくなりますもん(ノ_・。)
本書では1年12ヶ月にそって12のお話が書かれています。
いつもすごいなぁ~と思うのは、江戸の庶民の生活が目に浮かぶんですよね。くどくどと描かれているわけではないのに。そこはやっぱり宮部氏の筆力なのでしょうね。
12の短編の中は、ミステリ色が強いのもあれば、人情話でミステリ色が全くないお話もあります。ウルウル話ももちろんあります。
厳しい生活の中、もうだめだ!と思っても一筋の光が見える、そんな宮部氏の作品が大好きです。
【★★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】スラムダンクをイッキ読み、最新コミック全巻揃ってますCOM
【PR】【九州直送】ラーメン、明太子、もつ鍋等!【くいもんや(qimonya)】
【PR】★インターネットでDVDが借り放題!!★【TSUTAYA DISCAS】
【PR】ココロとカラダのストレス対策!【ヌースサプリメントシリーズ】

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。