スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラスの暗殺者/デイヴィッド・L・リンジー

ガラスの暗殺者〈上〉 (新潮文庫)ガラスの暗殺者〈上〉 (新潮文庫)
(2000/02)
デイヴィッド・L. リンジー

商品詳細を見る

【あらすじ】
ロシア・マフィアの超大物“クルパティン”がヒューストンにやってくる----。FBI特別捜査官のケイトはおとり捜査を命じられた。色仕掛けでクルパティンに近づき情報を入手しろというのだ。極めて危険な任務であるにもかかわらず、ケイトは同僚でもあった夫の死を乗り越えるために、任務を引き受けることを決意する。そして、彼女の腕には最新鋭の極小盗聴器が埋め込まれた・・・・。     (上巻裏表紙より)
【一行目】
 夜は十時半になろうとしていた。地下鉄グリバイドヴァ・キャナル駅のネフスキー通り沿いの出口から、一人の女がひっそりと現れた。時は六月の終わり。いつもならば深い闇に呑まれているはずのこの通りも、いまは白夜の季節。数週間にわたって太陽は地平線から数度より下に沈まず、闇をしりぞけ、夜を不気味な明るさで包む。白夜はそして喧噪の季節でもある。コンサートに、バレエに、パーティー。人々は先を争うように市中に繰り出す。
【感想】
デイヴィッド・リンジー作品も何冊か読んでいますが、本書は傑作!! 読み終わった後の感動は、表現できないほどの感動でした。とーっても素敵な作品です。
上記のあらすじに書いたのは上巻の裏表紙。FBI捜査官のケイトがロシアマフィアの中へ潜入捜査をします。でもでも、超大物クルパティンの変わりにUSに現れたのは美しい女性・イリーナだった。イリーナに近づくケイト。イリーナは凄腕の殺し屋だったのだ!
二人に芽生えてくる女の友情。でもでも・・・・><
あーーーーー言いたい!話しちゃいたい!!
本当に最後は感動しますよ。ロシアマフィア、シチリアマフィア、チャイナマフィアも絡んできて、目が離せない展開になるし。
FBI捜査官としてのケイトはどうするのか?それも見ものです。
本書は間違いなく5つ★です!
【★★★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】【OZmall】憧れレストランの特別席で「8800円のプレミアムディナー」
【PR】引越しを格安に!!比較.com 引越し一括見積もり
【PR】比べてください!『コシとモチモチ感』さぬきうどんの亀城庵
【PR】国内最大級物件情報!賃貸情報サイトHOME'S賃貸

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。