スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリムゾン・リバー/ジャン=クリストフ・グランジェ

クリムゾン・リバー (創元推理文庫)クリムゾン・リバー (創元推理文庫)
(2001/01)
ジャン‐クリストフ グランジェ

商品詳細を見る

【あらすじ】
古い大学町周辺で次々に発見される惨殺死体。両眼をえぐられ、両腕を切断され・・・・。同じ頃別の町で起きた謎の墓荒らし。二つの事件の接点は何か? フランス司法警察の花形警視と、いなか町の若き警部がたどり着く驚愕の真相。殺人者の招待は? 死んだ少年の墓はなぜ暴かれたのか? 「我らは緋色の川(クリムゾン・リバー)を制す・・・・」という言葉の意味するものは? 仏ミステリ界期待の大型新人登場!     (裏表紙より)
【一行目】
 「勝利! 勝利!」
 ピエール・ニエマンスはトランシーバーを握り締め、下方を眺めていた。プランス公園サッカー場のコンクリート・スロープを、群集が下りてくる。何千もの上気した顔、白い帽子、けばけばしいマフラーがひと塊になって、熱狂する色とりどりの帯を作っていた。舞い散る紙吹雪。幻覚に浮かされた悪魔たちの群れ。そのなかを、勝ちどきがゆっくりと轟き続けている。
【感想】
いやーーおもしろかったですよ! ジャン・レノが主役の片割れで映画化にもされましたもんね。実は映画も観ています。
300kmも離れた場所で2つの事件がほぼ同時期に起こります。全然タイプが違う奇怪な事件です。でも、その2つの事件が結びつき・・・その裏に隠されていた恐ろしい真相が明らかになります。
捜査をすすめると登場する妖しい人々。アル中の司教とか閉じこもる修道女などなんか暗いんですよぉ~。
この事件を捜査するのは二人の刑事。ひとりは独自の方法で難事件を解決していくベテランですが、行き過ぎて熱くなると暴走してしまい一線からはずされているピエール。もう一人はパリ郊外の孤児院で育ったアラブ系フランス人二世のカリム。カリムは悪行をしながら自活して大学を出、闇の世界で仕事をするために警察官になったという・・・あは
この二人がペアを組み、この難事件を解決していきます。
構成が素晴らしいので、サクサク読めるし、最後までドキドキ。アクション系なところもあるし。
やっぱり映画よりも小説の方がずーーっといいです。日本人には馴染みのない部分とかあるので、小説でだともっと理解しやすいと思います。
【★★★★☆】

クリムゾン・リバー1&2 ツインパック [DVD]クリムゾン・リバー1&2 ツインパック [DVD]
(2004/12/22)
ジャン・レノヴァンサン・カッセル

商品詳細を見る


    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^
【PR】飲まないワインが売れるんですか?!ワイン買取のフードマインド
【PR】ナチュラル雑貨【azi-azi】
【PR】まつ毛美容液<<リバイタラッシュ【公式サイト】>>
【PR】米どころ新潟の旨いお米を全国に☆インターネットのお米屋さん

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。