スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空飛ぶ馬/北村薫

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
(1994/03)
北村 薫

商品詳細を見る

【あらすじ】
どの一編もごく日常的な観察の中から、不可解な謎が見出される。本格推理小説が謎と論理の小説であるとするなら、殺人やことさらな事件が起こらなくとも、立派に作品は書ける。勿論、これは凡百の手の容易になし得るものではないが。北村氏の作品は読後に爽やかな印象が残り、はなはだ決い。それは、主人公の女子大生や円紫師匠の、人を見る目の暖かさによるのだろう。鮎川哲也     (裏表紙より)
【一行目】
 眠い----といえば高校生の頃は、朝起こされる時本当に眠かった。
【感想】
私はおどろおどろしい猟奇殺人とかどろどろした因果関係とか、そんなミステリが大好きです。でもね、全く正反対な北村氏や加納氏の“日常の中のミステリ”も大好きなのです。ん・・・物足りなさもあることはあるんですけどね。あは
コージーミステリにもいろいろありますが、特に北村氏と加納氏の作品は静かで透明感がありピュアなんですよね。私にはない部分だから(もう無くなってしまった部分?)だから、すごく惹かれるんだろうなぁ~なんて考えることがあります。
本書は北村氏のデビュー作。大学生の「私」が日常の中で起きた不思議なことを、探偵役の噺家・春桜亭円紫師匠がひも解きます。
このシリーズは連作短編の形をとっています。円紫師匠は噺家ですから、落語が随所にでてくるんです。そしてそれがヒントにもなるわけ。クスっと笑える場面もたくさんあります。落語の勉強にもなりますよ!あはは
どの作品も素敵なのですが、私はやはりタイトルにもなっている「空飛ぶ馬」が一番のお気に入り。
最後に円紫師匠がいいます。「----どうです、人間というのも捨てたものじゃないでしょ」
日常の中でささくれ立った心が、平穏な気持ちになりました。そうだよね、そうであってほしいなぁ~なんて心がほっこりしたんです。
このシリーズを読むと、ヒロインの「私」と幼馴染みの由紀ちゃんがだぶります。彼女はとっても小っちゃな女の子で、でも芯があり真面目でピュアな子でした。ある意味、私の憧れの女の子だったんです。なので、いつも由紀ちゃんのことを思い出しては、今頃どこで何をやってるのかなぁ~?と思い出しています^^
【★★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】Oisixは「子どもに安心して食べさせる」食品宅配のネットスーパー
【PR】フィギュアコーナーさらに充実! ホビーを買うならキャラアニ.com!
【PR】最高級ルイボスティー「3週間お試しセット」◆アールティー
【PR】手仕事が支える伝統の味。石見名産 ふぐ味醂干【和田珍味】

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。