スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使の屍/貫井徳郎

天使の屍 (集英社文庫)天使の屍 (集英社文庫)
(2009/02)
貫井 徳郎

商品詳細を見る

【あらすじ】
思慮深かった中学二年の息子・優馬がマンションから飛び降り、自殺を遂げた。動機を見出せなかった父親の青木は、真相を追うべく、同級生たちに話を聞き始めるが・・・・。<<子供の論理>>を身にまとい、決して本心を明かさない子供たち。そして、さらに同級生が一人、また一人とビルから身を投げた。「14歳」という年代特有の不可解な少年の世界と心理をあぶり出し、衝撃の真相へと読者を導く、気鋭による力作長編ミステリー!     (裏表紙より)
【一行目】
 郵便受けを覗いてみると、出版社からの画料明細書と一緒にチラシが入っていた。乱雑に郵便受けに押し込まれたチラシは、細かな字でびっしり埋め尽くされている。青木はそれらを郵便物と共に無造作に掴み、エレベーターに乗った。
【感想】
なんか・・・やるせない作品でした。突然、子供が自殺したら? 全然、自殺する動機がないのに。私もやはり「知りたい」と思うでしょうね。子供を自殺へと導いた原因を。私の場合は突然の事故で息子を亡くしましたが、それでもやはり「なぜ?」を今でも考えてひきずっていますもん。なので、原因を探ろうとする主人公である自殺した子の父親に感情移入しちゃいましたね。でも、結構、彼は淡々と真実を受け止めているから・・・そこがちょっと違和感かな。男性だからかな?
たしかに、14歳くらいは異性にも興味があるし、それこそセックスに興味あります。でも、やはり乗り越えちゃいけない一線ってあって、それを止めるのが理性だけど、今の世の中、お金があればドラッグだって中学生でも買えるし。私の時代よりももっとセックスに対しての考え方もドライなんでしょうねぇ。
今の世の中で子供を育てるって・・・怖い気がしますね。ましてや、本書で自殺してしまう仲良しグループの男の子たちはいたって普通~な子たちだし。親だってまさかこんなことになるなんて!って思っているはずだし。
でも、子供たちも逆に親のことを考えていた・・・というのが、なんだかやるせなくなっちゃうんです。
まーーフィクションをリアルに考えるのは違うかもだけど、貫井氏作品にはなんかリアリティがあって考えさせられます。
【★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】お一人でもOK!生協のラクラク宅配
【PR】バラエティー豊かな『ナチュラルチーズ』は【ナチュラルチーズ専門店】へ!
【PR】【RatesToGo】世界各地のホテルをお得に直前予約
【PR】パソコンデスクをお求めならPCデスクメーカー直販店「パソコンデスク屋」

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。