スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰陽師 鬼一法眼 弐之巻/藤木稟

陰陽師 鬼一法眼〈2〉朝幕攻防篇 (光文社文庫)陰陽師 鬼一法眼〈2〉朝幕攻防篇 (光文社文庫)
(2003/09)
藤木 稟

商品詳細を見る

【あらすじ】
十二世紀末、鎌倉----源頼朝に怨恨を抱いて死んだ源義経(牛若丸)が、怨霊となって復活した! 頼朝、さらには鎌倉を滅ぼすため、様々な災厄を振りまくが、巷の陰陽師の頭・鬼一法眼によって、退散させられてしまう。だが、牛若丸は鳶天狗の一段を招来し、さらなる陰謀を企てる。いっぽう法眼は、ある事情により、白拍子・水鳴太夫を妖都・京へ遣いとして出す。しかし、京では、奇々怪々な出来事が水鳴たちを待ち受けていた! 奇抜壮絶! 妖気渦巻く鎌倉怪奇譚、好評シリーズ第二弾、書き下ろしで登場!     (表紙折り込みより)
【一行目】
 建久九年(1198年)、鎌倉を揺るがす大異変が起こった。
 京都朝廷に十八歳の上皇が誕生したのだ。鎌倉が最も恐れていた、院政の復活である。
【感想】
あ、やられた・・・。鬼一法眼弐之巻を読もうとされている方がいらっしゃったら、参之巻もご用意してからにしてください。続いています。私は知らずに参之巻が手元に無いまま読み・・・苦しみました。あはは
弐之巻では、京と鎌倉のますます深まる確執や、怨霊として復活した牛若丸の陰謀などが書かれていてワクワク感があります。で、途中で終わるという・・・トホホです><
起承転結の起承まで書かれているんですねぇ。参之巻の転結は大好きなんですよん、私!一番好きかも^^
このシリーズのおもしろいところの1つに、下級物の怪たちの話があります。とてもコミカルに書かれていて、それがまたおもしろいんですよん。
それにしても鎌倉時代って、こうして読むとおもしろい時代でもあったんですね。勉強になります。
後白河とか後鳥羽とか試験用に名前は覚えているものの、それ以外は興味がなかったので何も知りません。あひゃー
本書を読んでいて、へぇ~~ってなります。
しつこいですが・・・参之巻も用意して、それからお読みくださいませ。
【★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】世界の一流食品をお届けする片岡物産【セレクト・フーズ・マート】
【PR】【イー・モバイル】激安!正規販売店 ※もしもし本舗※ 
【PR】デザイナー&クリエイターのオリジナルグッズ!UPSOLD.com
【PR】日本製タオルのオンラインショップ◆いまばりタオルブティック

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。