スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目撃/ポール・リンゼイ

目撃 (講談社文庫)目撃 (講談社文庫)
(1993/08/03)
P・リンゼイ

商品詳細を見る

【あらすじ】
P・コ-ンウェル氏も激賞! 現職のFBI捜査官が犯人逮捕の合い間を縫って書き上げた話題騒然の犯罪小説。捜査当局内部にマフィアのスパイが潜入、警察協力者のリストが盗み出され、罪もない市民に処刑の危機が! 同じ頃、同僚の娘も誘拐され----。経験者のみが書き尽くせた驚くべきFBI内部の腐敗。     (裏表紙より)
【一行目】
 何度もやって慣れてはいたが、彼はゆっくりと時間をかけた。
【感想】
現役FBI捜査官がFBIのことを書くっていうだけでワクワクものです。彼らにしかわからない内部のこととかが赤裸々に書かれるんですよ!
どこでもそうだけど、アホな上層部のこととかおもしろく書かれていたり、捜査のテクニックとか現役だから信憑性もあるしで、本当におもしろく読めます。前半は主人公・デヴリンを取り巻く同僚たちのこととか、もちろん、事件の序章でもありますけどね。
そして後半に入り、事件がスリリングな展開へと入っていき、さらにおもしろくなります。
パトリシア・コーンウェルとかも経験をいかしてリアルな作品を書いているわけですが、そういう体験をしたから小説を書けるというものではありません。やっぱり文才があるから書けるわけで、ヒットもするんです。そういう意味においても、ポール・リンゼイもすごい人だなぁ~と感嘆してしまいます。
本書が書かれた時は現役捜査官でしたが、50歳でリタイアらしく、リタイアされた後は、執筆活動に重点をおかれるようで。楽しみな作家が増えましたねぇ。
【★★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】国内宿泊予約なら日本旅行の宿ぷらざ
【PR】日本最大級カシュカシュアイテム専門店
【PR】FC2ミニブログPIYOをはじめよう!登録はこちら>>>
【PR】【AJARA本店】日本最大級のアジアン雑貨店

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。