スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルガード館の殺人/ケイト・ロス

ベルガード館の殺人 (講談社文庫)ベルガード館の殺人 (講談社文庫)
(1996/11)
ケイト ロス

商品詳細を見る

【あらすじ】
華やかなりし19世紀初頭の英国。体面と名誉を重んじる名門貴族の館で身元不明の若く美しい娘が殺された。否応なく事件に巻き込まれた社交界の伊達男ジュリアンは犯人探しにのりだす。上流社会に渦巻く複雑な人間関係と秘密の中でジュリアンの推理が犯人を追いつめる!正統派ミステリーの醍醐味溢れる傑作。     (裏表紙より)
【一行目】
 マーク・クラドックは先ほどから感慨深げな面持ちで、書斎の机の後ろをゆっくりと歩いていた。時折、マントルピースの上にある、精巧な嵌め込み細工の置き時計に視線を走らせる。今、ふたりは話し合っている最中だ。余計な口出しをするつもりは彼にはない。この日、この時を、二十年も待ったのだ。ここで少し待たされたところで、いかほどの違いがあろうか。
【感想】
階級社会の差が激しい19世紀初頭の英国。舞台設定もばっちり。そして名探偵役は、社交界の花形なのに、誰も彼の正体を知らないというイケメン!かっこいえぇ~~。あはは
名門貴族の館を舞台に、結婚式の前日に起きる殺人事件。それを伊達男・ジュリアン・ケストレルが口の悪い元スリの従僕・ディッパーを従えて謎解きをします。この二人の会話がおもしろかったりします。
ジュリアン自体が謎のままなのですが、事件は上流階級の裏側のぐちゃぐちゃした部分を絡めながら謎が謎をよびます。読んでいてすっきりするのは、上流社会が舞台だから、文体が綺麗で上品だからなんでしょうね。ってことは訳者もいいってことですね。
ジュリアンの出生の秘密とか知りた~~~い!あは
【★★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】1500円以上送料無料!通常24時間発送の「中古漫画全巻販売ドットコム
【PR】エステサロン検索の決定版!「@エステサロン」
【PR】アバクロ、アメリカンイーグル在庫一掃クリアランスSALE!
【PR】激安携帯電話販売店レクサスプランニング

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。