スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

封印再度/森博嗣

封印再度 (講談社文庫)封印再度 (講談社文庫)
(2000/03/15)
森 博嗣

商品詳細を見る

【あらすじ】
50年前、日本画家・香山風采は息子・林水に家宝「天地の瓢」と「無我の匣」を残して密室の中で謎の死をとげた。不思議な言い伝えのある家宝と風采の死の秘密は、現在にいたるまで誰にも解かれていない。そして今度は、林水が死体となって発見された。二つの死と家宝の謎に人気の犀川・西之園コンビが迫る。     (裏表紙より)
【一行目】
 新幹線の十六号車からプラットホームに降りた彼女は、コーヒーの空き缶をごみ箱に投げ捨て、溜息をついてから、重いバッグを左の肩で二度跳ね上げた。不必要に暖房の利いた車内は暑かった。もちろん禁煙車ではないので、空気も悪い。だから、ホームの冷たい空気が、洗いたてのバスタオルのように心地良かった。
【感想】
うはぁ~S&Mシリーズもかなりの変化が現れてきましたねぇ。犀川が萌絵に対しての認識が進み、これはこれは・・・理系男子の恋愛のパターンなのかしらん、と思います(笑)。萌絵も本書ではヒステリックになったりと普通の女の子っぽい部分が出てきたし。いいこっちゃ!とニンマリしてしまいました。
まーー二人の関係も微々たるものながら発展はしているということで、事件に。
開かない箱や密室殺人などはなんとなく前作と似ているなぁ~とは思いましたが、舞台が今回は面白いですね。あまり「理系」「理系」とは言いたくないのですが、でもね、やっぱ森氏=理系っていう定義ができていて、そんな理系ミステリで日本画の大家の旧家を舞台にしたので楽しみ♪で読みました。
「すべてがFになる」には本当にびっくりさせられて大ファンになったものの、2作~4作目は、はっきり言って「むむむむ・・・」だったんです。でも、本書でやっぱり面白い!と思いましたねぇ。
それにタイトルがいいね!ずーっと今だに心に残っているタイトルです。「封印再度=Who inside」 素敵だ!(笑)
【★★★★☆】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】飲まないワインが売れるんですか?!ワイン買取のフードマインド
【PR】ナチュラル雑貨【azi-azi】
【PR】まつ毛美容液<<リバイタラッシュ【公式サイト】>>
【PR】米どころ新潟の旨いお米を全国に☆インターネットのお米屋さん

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。