スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノ・ソナタ/S・J・ローザン

ピアノ・ソナタ (創元推理文庫)ピアノ・ソナタ (創元推理文庫)
(1998/12)
S.J. ローザン

商品詳細を見る

【あらすじ】
深夜ブロンクスの老人ホームで警備員が殴り殺された。手口から地元の不良グループの仕業と判断されたが、納得がいかない被害者のおじは探偵ビルに調査を依頼。かつて探偵の手ほどきをしてくれた老兵の頼みに、ビルは危険な潜入捜査を展開するが・・・・? 無鉄砲で繊細な中年探偵が、相棒リディアの存在を胸に、卑しき街を行く。シェイマス賞最優秀長編賞に輝いた、爽やかな第二弾!     (裏表紙より)
【一行目】
 マイク・ダウニーの通夜は、棺の蓋を閉じたままで営まれた。
【感想】
大好きなシリーズ第2弾。でも、このシリーズ、主役が2人いるんです。ひとりは中国系アメリカ人女性のリディア・チンと白人中年おやじのビル・スミス。2人は事務所は別々なもののなにかと協力しあっていて、1話ずつ主役を交代しています。
本作は第2弾なので、ビル・スミスが主役。もちろんルディアも時々ビルの手助けをしています。
前作「チャイナタウン」にビル・スミスは脇役というかルディアのお手伝いに出てきます。その時のルディアのビルの紹介では・・・齢をとっていて、背が高くて強面。腕っぷしが強い人が必要な時はビルに頼むと言っていたので、マフィアにでもいそうなそんな怖そうな人をイメージしていました。
そしたらそしたら・・・・そんなイメージでは全然ないんですねぇ~。とっても繊細で優しい人なんです。ピアノを、それもシューベルトのピアノソナタを全曲弾いちゃったりしちゃうという~素敵な人なんですねぇ。なので本書は全体的に静かな空気が漂っています。
ブロンクスを舞台に老人ホームの入居者たちも個性的だし、不良グループのボスの話とかもなんか温かいんですよねぇ。
ビルは危険なめに合いますが、おかげでルディアとの仲が1歩前進かな?あは
このシリーズの中で1番好きな作品です。
【★★★★☆】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】Fashion Purse MIKOW
【PR】おしゃれで、価格もリーズナブルなインテリアショップ◇unico◇
【PR】ファイナルチェッカー★ホテル宿泊料金の横断検索サイト★
【PR】花畑牧場からとろける新食感の生キャラメルをお届け♪

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。