スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺戮にいたる病/我孫子武丸

殺戮にいたる病 (講談社文庫)殺戮にいたる病 (講談社文庫)
(1996/11/14)
我孫子 武丸

商品詳細を見る

【あらすじ】
永遠の愛をつかみたいと男は願った----東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねるサイコ・キラーが出現した。犯人の名前は、蒲生稔! くり返される凌辱の果ての惨殺。冒頭から身も凍るラストシーンまで恐るべき殺人者の行動と魂の軌跡をたどり、とらえようのない時代の悪夢と闇を鮮烈無比に抉る衝撃のホラー。     (裏表紙より)
【一行目】
 蒲生稔は、逮捕の際まったく抵抗しなかった。
【感想】
叙述トリック作品の中で、初めて「えぇ~~~~!」ってなった作品でした。いや~~これは本当にびっくりしましたね。
タイトルからもわかるけど、描写はちょっとオゾマシイです。だからこそかなぁ、ラストの驚愕は並みのものではありませんでした。
我孫子氏作品の最高傑作だと今でも思います。本当に、騙されたぁ~!っていうモノじゃないんです。まるでガラスの世界がパキパキと音をたてて崩壊するような感覚でした。
残念ながら、全ての我孫子氏作品を読んだわけではないけれど、これ以上の作品には巡りあっていませんねぇ。
でも・・・猟奇的描写は本当、えぐいです><
【★★★★】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】ハレイワスーパーマーケットオフィシャルサイト
【PR】アクトレス矯正ほか、審美歯科のQ&Aでお悩みすっきり。無料相談、予約受付
【PR】人気TVに登場!シュワっととろけるほわいとぱりろーる!!
【PR】4万アイテムがお出迎え!日本最大級の手芸サイト『クラフトマックス』

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

驚きですよね

私もびっくりして読み返してしまいました。
叙述小説の凄さを知りました。
そして描写がグロすぎます。
衝撃的な作品でした。
我孫子氏の「8の殺人」はコミカルなコメディータッチの作品です。
同じ作者なのに全然違いますよ。

>乱歩さん

今でこそ、柄刀氏とか貫井氏とか叙述トリックを上手く描かれる作家さんはたくさんいるものの、当時としては本当に斬新でしたよね。
他は人形シリーズは読んで覚えているのですが、「●の殺人」系は読んだのが昔過ぎて忘れてしまいました><
乱歩さんオススメということで、読んでみようと思います^^
ありがとう♪
最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。