スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚者たちの街/スチュアート・カミンスキー

愚者たちの街―刑事エイブ・リーバーマン (扶桑社ミステリー)愚者たちの街―刑事エイブ・リーバーマン (扶桑社ミステリー)
(1999/06)
スチュアート カミンスキー

商品詳細を見る

【あらすじ】
老刑事エイブ・リーバーマンのもとへ、魅力的な売春婦エストラルダが保護を求めてきた。パートナーのハンラハン刑事が護衛についたものの、わずかな隙に殺人は起こった! しかも、現場のアパートには、ふたりのこわもての上司が住んでいる。大失態のなかはじまった捜査は混迷を深め、一方では私生活に続発する難問に、老刑事の悩みは深まるばかり。だが、犯人の凶弾は刑事たちの背後にも迫っていた・・・・MWA賞作家カミンスキーが、巧妙なミステリーに人生の哀歓を描きだす、大好評の警察小説シリーズ。     (裏表紙より)
【一行目】
 その酒場は、<ベイブ・オブライエンズ>と呼ばれていた。営業をはじめて20年になるが、この店の所有者に、オブライエンという人間は、ひとりもいたことがない。店の名前を決めたのは、不安・エルナンデス・デ・バルセロナという男だったが、この男がバルセロナへ行ったことはいちどもなかったし、その先祖がアイルランドやスペインへ行ったこともなかったはずだ。
【感想】
私、大好きなんですよん、リーバーマン!60歳過ぎて、体もガタガタ。事件捜査は前途多難。ユダヤ教のコミュニティーのお手伝い、娘は離婚の危機で孫の面倒をみたり・・・。精力的に生きている60代!
でも、熱血漢で正義感強く、市民からも辛抱の熱い刑事です。彼のセリフにはなんか奥が深くて、人生の教訓を聞いているような感じなんです。(笑)
また50歳の相棒でアイルランド系のハンラハン刑事もいい味をだしていますねぇ。
事件とかに派手さはないけれど、おもしろく読める作品です。本書はシリーズでは1作目なのですが、3作目にあたる「冬の裁き」が日本では最初に出版されました。だんだん味が濃くなっていくので、本書から読み始めることをオススメします。
【★★★☆】

    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ポチっとよろしく^^

【PR】食器・インテリア雑貨のセレクトショップ「アイネスト」
【PR】良質のエッセンシャルオイル配合のアロマバスエッセンス【アジアチカ】
【PR】神戸といえばチョコレート!チョコレートといえばフランツの濃厚チョコレートケーキ
【PR】抜け毛予防は頭皮環境を整えることから!ヘアメディカル・スカルプD

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
一覧表
◆ 著者別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -(ファーストネーム)
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ タイトル別一覧 ◆

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】
【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】
 - 海外 -
【ア】 【カ】 【サ】 【タ】 【ナ】
【ハ】 【マ】 【ヤ】 【ラ】 【ワ】


◆ DVD他 鑑賞感想 一覧 ◆
映画
ドラマ
アニメ/漫画

◆ イチオシ本 一覧 ◆
◆ イチオシ本(海外モノ)一覧 ◆

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

真奈

Author:真奈
ドイツ在住15年。ミステリ愛読歴3●年!
なんとか日本のミステリ小説をあの手この手でゲットして読んでいますo(TヘTo)
三度の飯よりもミステリ小説が好き♪という乱読派。
今年、日本へ帰国する予定。やっと読みたい本が読める!と楽しみにしています♪
★ はじめのご挨拶 ★
★ 私の好きな作家&名探偵 ★

最新コメント
最新トラックバック
Blog People
心に残っている本(4つ半★以上)
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。